2010年11月10日

立川談笑 月例独演会@文七元結ほか

11月8日 国立演芸場
二回目の月例独演会である。

前回は、一年以上前。
その時の出囃子はなんだったろうか?
007かなにか。

今回も、定番ではないもので曲が分からなかった。
しかも、ネオン、チカチカで、文字が浮かんでいたので
「何が書いてあるのかな?」と
思わず上の方を見てしまう。

談笑さんが、片足ケンケンで、ノリノリで登場。
「出てきたら、みんな上の方を見て、不思議な光景でした」
「えー、今日は詰め込めるだけ詰め込もうかと思います。終電に間に合うかどうか…」

「山号寺号」〜
終わると、袖に行って、水分補給。

続けざまに「猫と金魚」〜

「えー、何にしようかなぁ〜」と言いつつ、また袖まで行って、水分補給。

続けて三席目に「らくだ」!
前、二席は、これでもか、これでもかと、ギャグを重ねていくもの。

他の噺家さんでも、生の「らくだ」を聴けることは珍しい。
が、まさかかんかんのうが…
「かんかんのうなんて知りません。」
「じゃ、知っている歌を歌え!」
「チューウッ チュウチュチュ な・つ・のっ お嬢さんっ」って

らくだの死体を漬物樽に入れて、二人で運び始めると、屑屋が
「ちょっと寄るところがある」
と、魚屋に寄って一言
(ここまで言うと、分かってしまうかな)
サゲが違っていました。

これだけ聴いて、一時間と15分ほど。

中入り後は、出囃子「野球拳」で登場。

「うーさぶーっ」長兵衛が帰ってくる。
お兼が泣いている。
「お久が帰ってこないんだよ!」
「子供じゃねぇんだからっ…」

しかし、設定が少し違っていました。
実は、お久の上に長男・長七がいたが、病気で急死。
それ以来、長兵衛は、博打に、酒に溺れるようにんる。

お久は、そんな父親をみて自殺をしようとするところを
佐野槌の女将に助けられる…。

と、ここまで箇条書きにしただけでも
基本形の「文七」より、納得度が違ってきますよね。

そして、談笑版味付けも
文七に会う前に、橋の手前で人にぶつかられる
「あっ」と言いながら、懐を確かめるが
「五十両がない!」
「もうだめだ」と、橋から飛び降りようとする
が、「あっ、あった」
五十両が、背中に回っていたのであった(爆笑)


「文七元結」が終わって幕が下りる。

下がり切る前に、もう一度上げてもらう。

「えー、5分ほど御託を…」と、話しはじめました。
「その日によって、出来不出来がどうしてもでてしまいます」
「実は、今日、談大の告別式に行ってきました。」
「ちょうど一年くらい前にも、文都が連れていかれました」
「月例会は、やった方がネタも増えるし、勉強になるなんて話もしていました」
「結果を見れば、二ツ目ですが、前へ向かおうとした過程を評価できるのではないでしょか」

「立川流の日暮里の会(11月4日)の楽屋で、訃報を聴きました」
「みんなそんなことは関係ないかのように高座に上がっています」

私は、まったく談大さんの事など知らず、この日は聞いていました。
まさか、そんなことがあったなんて、気づきもしませんでした。

「らくだ」「文七元結」
後から思えばどちらも “死” “命” が、関係する演目でした。
深い意味があるのかどうかは、分かりまん。

談大さんの冥福をお祈りいたします。


合掌
posted by たにぃも at 23:57| Comment(11) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、いちこです。

私のほうのブログにもコメントいただき、ありがとうございました。

昨年10月末、文都サンが亡くなった確か次の日でしたが、J亭に行ったんです。

その日も、最後に、言葉を詰まらせながら、
“出来・不出来”の話と共に文都サンの事を話していました。

私は談大サンの死の前後の、出演する筈だった会に行っていたので、凄いショックでした。
日暮里寄席は翌日でしたが、誰ひとりそんな空気を見せず、普通だっただけに、驚きも大きいです。
ただ、代演の吉幸サンが、談大サンの代演だという事に全く触れなかった事が気になっていたのですが…。

その後兄弟弟子のブログを見まくり、もちろんみんな全然普通なワケではなかった事を知りました。

談大サンが11・12月に予定していた上野広小路亭での独演会は、有志で落語会をやる事が決定しています。

11月は行くことにしました。

こんな事がほぼ同時期に2年続いて、一門の皆さんはやりきれないでしょうね…。


長々すみません。
Posted by 未設定 at 2010年11月15日 17:33
右矢印1いちこサマ

大変な商売ですね。
二年連続はきついですね。

そんな中、「NHK新人演芸大賞」の決勝に
立川流から二人残っていました。
談修さん、志ららさん。

また、注目度が上がるかもしれませんね。
Posted by たにぃも at 2010年11月18日 21:59
こんにちは、いちこです。

志ららサンは、面白いけど何言ってるか分からない事が多い(笑)。
好き嫌いが分かれるタイプだとは思いますが、私は結構好きです。

談修サンは立川流なのに毒がない!?
噺も上手いですよね。

立川流の若手をテレビで見られるなんてなかなかない事なので嬉しい。

逆に、寄席にしか行かない演芸好きの人々にとっても、寄席に出られない立川流を見る機会が与えられて、よかったじゃん!!と言いたいですね(笑)。

…スミマセン、意味わかりにくくて…。
Posted by 未設定 at 2010年11月21日 18:58
右矢印1いちこサマ

志ららさんは、
いかにも、志らくさんのお弟子さんだなって感じがします。

談修さんは、
一門会などで、開口一番に出てきて、渋めの噺をして
最後に、踊るのを何度か観ました。
ある時、家元が出てきて
「内にはねぇ、あぁいうのがいるんだ。大したもんだろ。」
と、言っているのを聞いたことがあります。

立川流の落語をテレビで見たことがあるのは、
志の輔さんを「落語研究会」、
談春さんを「笑いがいちばん」で
生志さんを「落語者」くらいでしょうか。
BS環境が整っていないので…。


そういえば、志らくさんが「東京スカイ座一朝一席」(11/28)に出まね。

みんな、若くないです。
Posted by たにぃも at 2010年11月23日 20:08
こんにちは、いちこです。

談修サン、“落語→踊り”のイメージ強いですね。
と言っても、2回くらいしか踊ったのは見ていないんですけど(笑)。

MXテレビ、志らくサンの「短命」はそんなにクレイジーじゃないですね。
ラジオはちょいちょい出てますが(落語は演らないですが)、テレビはNHKで小津安二郎監督(字、合ってますか?)について語ったり、BSですが下町ダニーローズの公演の放送など、やっぱり落語とは関係ない方面で。

志ら乃サン・こしらサンもラジオパーソナリティ、談笑サンはリポーター…皆さん落語以外ばかりですね☆
Posted by 未設定 at 2010年11月26日 20:57
右矢印1いちこサマ

さすがに、ボクサーはいない?(笑)
(「ファイティング寿限無」途中まで読んで、止まってます。)

上方で、タレントとして活躍する噺家さんをあげると
きりがないくらいですが

江戸方では、寄席が残っているからか
とくにテレビタレント的活躍を嫌う感じが強いのでしょうか?

こぶチャン・正蔵、当代・三平、上げる例が悪いですか?
昇太さん、志の輔さん、花緑さん、、、あっ! ヨネスケさん。
志ん朝さんだと、芸の肥し?
若旦那の道楽?

家元くらいになると、もう、“何やっても”って感じでしょうか(笑)
Posted by たにぃも at 2010年11月28日 16:45
こんにちは、いちこです。

上方は、今でこそ繁昌亭も出来て落語が根付いてきた感じですが、それ以前は、落語家という位置を足掛かりとして芸人・タレントに…というイメージが私にはあります。

落語を演りたくても、場所がなくて仕方なかったという事もあるかもしれませんね。

噺家としてのポジションではない仕事でテレビに出たり、芝居をしたり、映画撮ったり歌ったり、議員になったり!!…何をやってもいいと思うんです。
本業をしっかりやって、それが評価され得るモノであれば、あとは法を犯さない限り何でもありではないかと。

…もっと言ってしまえばあとは“好み”の問題で(笑)。

最初に話を戻すと、テレビで落語を流す番組がもっと増えればいいなぁ、ということですね☆

志らくサンが、NHKのラジオ番組【真打競演】の録りで地方に行ったらしいので、そのうち放送されるかも、です。
でも、一般ウケはしなそうですね☆
Posted by 未設定 at 2010年12月05日 16:43
こんにちは、いちこです。

まだここにコメントしてます、すみません。

談四楼サンの『ファイティング寿限無』、実はそれ自体を知らなかったのですが…
来春から『ヤングチャンピオン』で連載が始まるという噂を聞きました☆☆

又聞きの情報ですが、本当だったら、絶対読みたいです♪
Posted by 未設定 at 2010年12月14日 22:39
右矢印1いちこサマ

ネットで調べてみたらありました。
談笑さんの「つぶやき」にもありましたね。

連載前に、キッチリ読み終えようと思います。

ネットでいろいろ見ていたら
談四楼さんの原作マンガ
「山遊亭海彦」なんてのもあるんですね。
Posted by たにぃも at 2010年12月16日 00:33
こんにちは、いちこです。

その、談笑サンのツイッターで見つけたんです(笑)。
Posted by 未設定 at 2010年12月19日 10:04
右矢印1いちこサマ

けっこう、ツイッターで
つぶやいたりしているのですか?

私は、いっときつぶやいてみましたが、
なかなか続かなくて、時々覗いているくらい。
落語ファンの方、
落語家さんのをフォローしているのですが、
i Phonとかも使ってないですし。
Posted by たにぃも at 2010年12月19日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック