2020年05月29日

《映画》「町田くんの世界」&「殺カレ死カノ」

映画館が休館中に観た、映画。

どちらも、公開当時に観ようと思って見逃した。
(たぶん、どちらも
 公開日あたりには、ほぼ眼中になかった作品で、
 うわさを聞いて、観てみようか・・・
 と思っているうちに、終わってしまった、感じ)

でも、いまは、どちらも
“おすすめ映画”のリストに入っております。


映画「町田くんの世界」

こちらは、「別冊マーガレット」に連載された
漫画が原作。
学園もの少女漫画・・・といっても
勉強も運動も苦手な主人公。カッコ悪い。
でも、人間好き。・・・
何だか“変”だけど、憎めない、気にある。

ヒロインの方は、人が嫌い。
成績は優秀だけど、サボりがち・・・。

そんな二人が出会ってしまう・・・

メインの二人は、オーデションで選ばれた
新人。(細田佳央太、関水渚)
(この二人もいいのです!)

だた、脇を固めるメンバー、学生たちが凄い!
(クラスメイト、同級生、学年は違ったり)
・岩田剛典 ・高畑充希
   ・前田敦子 ・太賀

その他にも
 ・池松壮亮 ・戸田恵梨香、
   ・佐藤浩市 ・北村有起哉 ・松嶋菜々子

何だか、異色な少女漫画!?
何だか、ほっこり

ほぼ、ファンタジー?



映画「殺さない彼と死なない彼女」
ちょっと、物騒なタイトル。
こちらは、四コマ漫画が原作。

訳して「殺カレ死カノ
(ころかれしかの)?
あれ?
コサカレ シカノ(?)じゃないの?
と、思ったみると、

小坂れ(い) 鹿野(なな)
 コサカレ   シカノ

優しい“死にたがり”の鹿野なな
(桜井日奈子)
“殺す”が口癖の小坂れい
(間宮祥太朗)

あることをキッカケに

“殺す”
とか言いながらも、特に暴力的でもない
“彼”が、

何かにつけ“死にたくなる”と、
死なない程度に“リストカット”する
“彼女”に
興味を持ってしまう。

この二人のかみ合ってないようで、
かみ合ってるような
やり取りが、可笑しい。

タイトルの意味は、後半で、
そういうことかと・・・。

監督・脚本は「ぼんとリンちゃん」の
小林啓一さん。
「ぼんリン」はオタク全開な映画でしたが、
その感じが、
ネクラな死にたがりの彼女を桜井日奈子さんが
見ごとに演じていますが、
監督が誰なのかを知って、“なるほど”って感じでした。

ほぼ関係なく進んでいく
「きゃぴ子と地味子」(堀田真由&恒松祐里)
「大和撫子と八千代」(箭内夢菜&ゆうたろう)
のストーリー。

観終わるとつながってきて、
もう一度、見返したいシーンがあって、
見返すと、
一度目とは違った楽しみ方、感覚が味わえます。

それぞれ、作品
観る前のイメージと観てからのイメージが違って
イイ意味で、裏切られるというか、

こういうことを言いすぎると、
期待してしまって「こんなもん!?」
ってなって、なってしまうといけないので、

この辺で。


ほなな
posted by たにぃも at 22:12| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする