2017年10月08日

《映画》ダンケルク@T・ジョイPRINCE品川

ダンケルク【2D・字幕】
"Dunkirk"

日付:2017年010月08日(日)
  (公開:2017年9月9日〜)
開映:21時40分〜(予告含む)
劇場:T・ジョイ PRINCE 品川
座席:スクリーン8 F-13
料金:レイトショー

スタッフ
監督・脚本:クリストファー・ノーラン
製作:エマ・トーマス
   クリストファー・ノーラン
製作総指揮:ジェイク・マイヤーズ
撮影:ホイテ・ヴァン・ホイテマ
編集:リー・スミス
音楽:ハンス・ジマー
 ほか


防波堤:1週間の出来事
 海 :1日の出来事
 空 :1時間の出来事

キャスト(配役)
フィオン・ホワイトヘッド(トミー/ 英国陸軍二等兵。
  市街戦から逃れてきた若きイギリス兵)

トム・グリン=カーニー(ピーター/
  ミスター・ドーソンの息子。父らとともに
  小型船で、ダンケルクに向けて出港する)

ジャック・ロウデン(コリンズ/英国空軍。
  スピットファイアのパイロット)

ハリー・スタイルズ(アレックス/英国陸軍
  「高地連隊」の二等兵。トミーに助けられ、
  共に行動するようになる)
アナイリン・バーナード(ギブソン/
  トミーと行動を共にする無口な兵士)
ジェームズ・ダーシー(ウィナント陸軍大佐/
 ボルトンと共に作戦を見守る陸軍将校)
バリー・コーガン(ジョージ/ピーターの知り合い。
  ミスター・ドーソンに同行する青年)

ケネス・ブラナー(ボルトン海軍中佐/
  防波堤で撤退作戦の指揮を執る海軍将校)
キリアン・マーフィ(謎の英国兵/
  ミスター・ドーソンに救出された英国兵)

マーク・ライランス(ミスター・ドーソン/民間の
  小型船の船長。ピーターの父親)

トム・ハーディ(ファリア/英国空軍。
  スーパーマリン スピットファイアのパイロット)

(クレジットなし)
マイケル・ケイン(無線通信の声/英国空軍。
  スピットファイアのパイロット。
  ファリアとコリンズの隊の指揮官)
  ほか


アメリカ 2017年
配給:ワーナー・ブラザース
上映時間:106分
posted by たにぃも at 23:59| Comment(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月09日

《映画》散歩する侵略者@新宿ピカデリー

散歩する侵略者
"BEFORE WE VANISH"

日付:2017年10月09日(月・祝)
  (公開:2017年9月9日〜)
開映:14時30分〜18時50分(予告含む)
劇場:新宿ピカデリー
座席:シアター8 F列13番

スタッフ
監督:黒沢清
脚本:田中幸子、黒沢清
音楽:林祐介
原作:前川知大『散歩する侵略者』


キャスト(配役)
長澤まさみ(加瀬鳴海/真治の妻。
  フリーのイラストレーター)
松田龍平(加瀬真治/鳴海の夫)

高杉真宙(天野/謎の若者)
恒松祐里(立花あきら/女子高校生)

前田敦子(明日美/鳴海の妹)
満島真之介(丸尾)
光石研(鈴木/デザイン会社の社長)
児島一哉〈アンジャッシュ〉(車田)

東出昌大(牧師)
小泉今日子(医者)
満島真之介(丸尾)

笹野高史(品川)

長谷川博己(桜井/ジャーナリスト)


日本 2017年
配給:松竹、日活
上映時間:129分
posted by たにぃも at 20:19| Comment(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月11日

《ルパン三世》我儘セレクション@ドタバタコメディ

AnichU
ルパン三世ベストセレクション
(火曜日の深夜に放送中!)

10月10日放送分で、10位まで来ました。
「友よ深く眠れ」(ルパン三世PARTV 第24話)
“五エ門”回がきましたね。

今までの順位を見て
「なるほど、これは入るよね」と思うものもあれば、
「以外に、これがきたか!」ってのもある。

チームプレイ系の
「華麗なるチームプレー作戦」、
とっつぁん回
「とっつあんの惚れた女」
次元回「バラとピストル」
「ターゲットは555M」いいよねぇ、
次元エピソードは他にもいいのはありますよね。

ちょっと、意外だったのが、パート3率が高いこと
パート1(旧) 23話
(魔術師・パイカル、タイムマシンの魔毛狂介、
 そして魔女。やはりこの辺りは人気ですよね。
 他にも、人気の話はありますよね)
パート2(新、赤ジャケ) 155話
(いろいろありすぎて・・・)
パート3  50話
(ジャケットがピンクですが、案外いいのがあるのですよ)

そして、まだ出てきていないのが、
宮崎駿系
(パート1の後半、パート2の2作の照樹務〈テレコム〉作)

でもでも、その他にも出てきていないのが
“ブロードウェイシリーズ”!!! 私は好きなんです。

浦沢義雄(脚本)×
  青木悠三(コンテ・演出)
スラップスティック コメディ!

ベスト10入りは、望めるのでしょうか?
(ベスト9入りは、無いかなぁ・・・)


【ブロードウェイ・シリーズ】
(脚本:浦沢義雄 コンテ:青木悠三 演出:御厨恭輔)
 第78話「ロボットの瞳にダイヤが光る」
 第106話「君はネコ ぼくはカツオ節」
 第117話「チューインガム変装作戦」
 第128話「老婆とルパンの泥棒合戦」

このバカバカしい作品たち!!

さらに、同じスタッフでの作品
【その他】
(脚本:浦沢義雄 コンテ:青木悠三 演出:御厨恭輔)
 第124話「1999年ポップコーンの旅」
 第138話「ポンペイの秘宝と毒蛇」
これらも、なかなかのバカバカしさ。

そして、
(脚本:浦沢義雄 コンテ:青木悠三)
 第143話「マイアミ銀行襲撃記念日」
 (演出:吉田しげつぐ)
さらに
その他の浦沢脚本
 第68話「カジノ島・逆転また逆転」
 第90話「悪い奴ほど大悪党」
 第92話「マダムと泥棒四重奏」
 第100話「名画強奪ウルトラ作戦」

脚本は違いますが、これも好き!
 第96話「ルパンのお料理天国」
(脚本:金子裕 コンテ:青木悠三 演出:御厨恭輔)

今までのは、パート2からですが、
パート3では
 第26話「ニューヨークの幽霊」
(脚本:浦沢義雄 コンテ・演出:青木悠三)
落語「野ざらし」な噺。五エ門回

 第49話「とっつぁんが養子になった日」
(脚本:浦沢義雄 コンテ:甲賀電 演出:飯田つとむ)

そして、
浦沢さんの師匠に当たる 鈴木清順・脚本

第13話「悪のり変装曲」
 (脚本:鈴木清順 コンテ:吉田しげつぐ
  演出:田中平八郎、高田三郎)

パート1から脚本を多数書いている大和屋竺さんも
もうひとりの師匠だそうです。

劇場映画「ルパン三世 バビロンの黄金伝説」
 監督:鈴木清順、吉田しげつぐ
 脚本:大和屋竺、浦沢義雄
 絵コンテ:小華和ためお、吉田しげつぐ、甲賀電
 作画監督:青木悠三、柳野龍男、尾鷲英俊

そんな映画3作目でしたが、どうですか・・・?


おまけ情報
浦沢さんは、こんな映画の脚本もやってます!
映画「オペレッタ狸御殿」(2005年)
 監督:鈴木清順 脚本:浦沢義雄
 主演:チャン・ツィイー

これだけ幅広い作品になる
「ルパン三世」というキャラクターを生み出した
モンキー・パンチ氏は、偉大だ!!!


ほなな
posted by たにぃも at 20:44| Comment(0) | ルパン三世 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月12日

《CD》1st Album「ココロノオト」@有安杏果

限定販売になるのかな?
有安杏果 初ソロシングル
『ココロノセンリツ♪ feel a heartbeat』(5曲)
は、買っている。

ソロ・コンサートには、
申込んだことがるが、当選せず、そして、それ以降は日程が合わず。申し込みもしていないけど、チャンスがあれば行きたいと思っている。
他の曲も聴きたいと、ずっと思っていた。

そして、ついに!

有安杏果
1st Solo Album「ココロノオト」発売!
(10月11日発売)

ココロノオト 2

私が一番に買おうと思ったのは、
「初回限定盤B」
二枚目のCDには、ライブ音源が入っている。
(MCは入っていない)
こちらには、ももクロのでのソロ曲「教育」も
収録されている。


ココロノオト 特典ノート



初回限定盤B(CD+CD)
【CD (Disc2)】<LIVE ALBUM>
「ココロノセンリツ 〜Feel a heartbeat〜 Vol.1」
(「ココロノセンリツ 〜Feel a heartbeat〜 Vol.1」
  2017年7月20日@東京国際フォーラム)

初回限定盤A(CD+Blu-ray)
【Blu-ray】<Music Video>
「ヒカリの声」「色えんぴつ」「Catch up」
<特典映像>
「ヒカリの声」Music Video メイキング映像

ココロノオト



通常盤(CD Only)

通常盤にも、
有安さんから買ってくれたみんなへの
“ありがとう”の“プレゼント”がある。
(A、B版のCDにも)


ココロノオト/特典・ピック。ノート



ほなな
posted by たにぃも at 21:20| Comment(0) | MCZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

《映画》スイス・アーミー・マン@TOHOシネマズシャンテ

スイス・アーミー・マン〈字幕〉
"Swiss Army Man"

日付:2017年10月14日(土)
  (公開:2017年9月22日〜)
開映:21時45分〜(予告含む)
劇場:TOHOシネマズ シャンテ
座席:スクリーン3 H-4
料金:TOHOシネマズデイ

スタッフ
監督・脚本:ダニエルズ
 (ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート)
撮影:ラーキン・サイプル
編集:マシュー・ハンナム
音楽:アンディ・ハル &
    ロバート・マクダウェル
 ほか

キャスト(配役)
ポール・ダノ(ハンク/
  無人島で助けを求める孤独な青年)

ダニエル・ラドクリフ(メニー/
  波打ち際に流れ着く男の死体)

メアリー・エリザベス・ウィンステッド
  (サラ/ハンクが一目惚れした女性)
 ほか


アメリカ 2016年
配給:ポニーキャニオン
上映時間:97分
posted by たにぃも at 23:37| Comment(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月17日

《感想》"十徳"以上(!?)死体@ダニエル・ラドクリフ

スイス・アーミー・マン
原題も"Swiss Army Man"

このタイトルは、どういう意味だ??

前情報としては、
ハリー・ポッターの俳優さんが、
死体役を演じる(?)
ぐらいで、ほぼ情報を入れずに観に行った。

後から、いろいろ見ると、
タイトルは、
スイス・アーミー・ナイフ(アーミーナイフ)から
(十徳ナイフ。万能ナイフ。軍用ナイフ)
きているとか。
“アーミーナイフ”は、どんな物か分かる。
スイスをつけて言うのは聞いたことがなかったし、
かと言って、
“アーミー・マン”となってしまうと、
逆に、十徳ナイフとつながってこない。

映画を観た後に、この意味を知ると、
“十徳” 死体、“万能” 死体、
「あぁ、そういうことか!」と、納得!


私は面白かったけど、万人受けはしない。
“生理的にうけつけない”って人はいるでしょう。
無人島で生活する男二人(?)
そして、
おなら ブッブブー!
チ○コ・・・みたいな
ノリがあるので(苦笑)。

それでも、最後は、感動っていうか
いろいろ考えたり、
話しをしたりしたくなる(笑)。


主人公のハンク。
無人島で、助けを求める孤独な青年
のところに流れ着き
波打ち際で発見した、男の“死体”。

ところが、ブリッ ブリ ブリ
で、
あのポスターのシーン
(“死体”のダニエル・ラドクリフに乗った男性が、
 水を切って進んでいる)
が、けっこう冒頭に出てくる。 

先ほどのポスターのシーンが始まりで、
“無人島”男は、その後も
“死体”男と共に
サバイバルすることになっていく・・・。
それで、この先は、どうなるんだ?
どういうストーリー?
あんなことやこんなことも
“使える(?)”、“できる(?)”
“十徳”死体!

ラストへ向かっては、
ただ“便利”なだけではない“死体”へとなっていく。

ちょっとゲテモノ感はありますが、
そんなのも平気な “変わり者” な方は、
ぜひ、観てほしい!

以前、映画「サンダー・パンツ!」ってのがありましたが、あれよりも、もっと奇想天外な映画。

青春・サバイバル・アドベンチャー!


ほなな
posted by たにぃも at 21:52| Comment(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月21日

《Live》ももクロ・AE限定「over.40祭り」@武道館

ももいろクローバーZ
ANGEL EYES限定 武道館ライブ
「over.40 祭り」

(ANGEL EYES限定武道館ライブ
 10月21日(土) 「学生祭り」「over.40祭り」
 10月22日(日) 「ももクロワンダーランド」)


日付:2017年10月21日(土)
会場:東京都・日本武道館
座席:スタンド 1階 南東 A列8番
   (スタンド最前列)
開場:18時30分〜
開演:19時30分〜(予定:21時)


出演:ももいろクローバーZ
 (百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、
  有安杏果、高城れに)
  ほか

影アナ1:AE最高齢女子
影アナ2:百田夏菜子 &
     通りすがりの“れに”お婆ちゃん

【「over.40祭り」セットリスト】
overture
1 ピンキージョーンズ(2010.11:シングル発売)
2 猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」
 (2012.03)
3 Chai Maxx(2011.03)
 MC 自己紹介
   〜エクササイズ:ゲッタマン
4 夢の浮世に咲いてみな(2015.01)
5 Zの誓い(2015.04)
6 words of the mind 〜brandnew journey〜
 (2009/カバー曲)
 (音源化は、2013.06『入口のない出口』)
 MC
 〜健康講座:おおたわ史絵先生
7 黒い週末(2012.11)
8 believe(2009/カバー曲)
 (音源化は、2013.06『入口のない出口』)
 MC 〜グラスープ演奏 & 癒し映像
  (演奏:大橋エリ&ギター:後藤郁夫)

9 DNA狂詩曲(2012.03)
10 走れ(2010.05/2015.03)
EN1 労働讃歌(2011.11)
 MC
 (最後、時間切れで、BGMとマイクが切れました)


〜21時過ぎ:終演
posted by たにぃも at 22:57| Comment(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする