2015年07月05日

《映画》グローリー@TOHOシネマズシャンテ

グローリー ―明日への行進―
"SELMA"

日付:20015年07月05日
開映:16時25分〜(CM含む)
劇場:TOHOシネマズシャンテ
座席:スクリーン1 F列15番

スタッフ
監督:エヴァ・デュヴァネイ
製作総指揮:エヴァ・デュヴァネイ、
  キャメロン・マクラッケン、
  ポール・ガーンズ、ナン・モラレス
製作:クリスチャン・コルソン、
  デデ・ガードナー、ジェレミー・クライナー、
  オプラ・ウィンフリー
脚本:ポール・ウェブ
音楽:ジェイソン・モラン

主題歌:「Glory」コモン&ジョン・レジェンド


キャスト(配役)
デビッド・オイェロウォ
  (マーティン・ルーサーキング・Jr./
   黒人公民権運動を非暴力で主導した活動家)

トム・ウィルキンソン
  (リンドン・B・ジョンソン大統領/第36代アメリカ大統領)

キューバ・グッティング・Jr.
 (フレッド・グレイ/公民権運動に中心的な人物として関わった弁護士)
カーメン・イジョゴ
 (コレッタ・スコット・キング/キング牧師の妻)
ロレイン・トゥーサン(アメリア・ボイントン/
  キング牧師と共に活動した南部の伝説的な女性活動家)

ティム・ロス(ジョージ・ウォレス州知事/
 人種隔離を掲げたアラバマ州知事)
オプラ・ウィンフリー(アニー・リー・クーパー/
 アラバマ州セルマで有権者登録を不当に拒否される。公民権運動参加)

テッサ・トンプソン(ダイアン・ナッシュビル/
  SNCC〈学生非暴力調整委員会〉)
キース・スタンフィールド(ジミー・リー・ジャクソン/公民権運動参加の
  一般市民。アラバマ州で選挙権を求めるデモ行進に参加)

 他


アメリカ 2014年 
配給:ギャガ
上映時間:128分
posted by たにぃも at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

《番外編》「幕が上がる」その他でも@ももクロ以外

映画版、舞台版「幕が上がる」に出演している
主演のももクロの5人以外のことで、ちょっと・・・。
もちろん、黒木華さん、ムロツヨシさん、
志賀廣太郎さん 以外。

映画版では、ほとんどセリフらしいセリフもないですが・・・
みなさん結構、注目の新人!

伊藤沙莉さんは、
(映画版:演劇部2年生 高田梨奈 役。 舞台版:演劇部1年生 高田梨奈 役
 同じ役名で、学年が違うという・・・、でも、同じ人)
私は、ドラマ「女王の教室」以来、認知しておりますが、
このたび、ツイッターやら「REPLAY & DESTROY」でも再認識。
画面の奥の方で、“がるる”と踊り狂っていたのに気づきましたか?
ダンスも得意のようで、面白い女優さんです。

以下、「幕が上がる」で知った演劇部員たち!

吉岡里帆さん
(映画版:演劇部員2年生 村上舞 役)
 ひとりメガネっ子だし、印象に残っていました。
今年注目の若手女優として、グラビアにも載ったり、話題になっているようです。
出演しているものによって、イメージが違う感じですね。
 「明烏」出演していることは知らずに、“落語”がらみで見たかったのですが、見逃した。
また、レンタルででも見たいと思ってます。
 「美女と男子」は、見ています。なかなか、くせ者のよう。
 『煙霞』は、高畑充希さんが出ているし、もともと見るつもりでした。

● 映画「明烏」(2015年5月16日公開)明子 役
● ドラマ10「美女と男子」NHK
 (第9回 第二部 6月9日〜)朝倉かれん 役(第10話より)
● WOWOWオリジナルドラマ
 『煙霞(エンカ) 〜Gold Rush〜』7/18〜 妙 役
 森山未來主演。高畑充希ほか、オール関西出身キャスト!


芳根京子さん
(映画版:袴田葵 役。 舞台版:袴田葵 役)
 何とも、可愛らしい顔をしていますね。「花子とアン」に出ていたらしいですが、見ていませんでした。
 「探偵の探偵」は、主演・北川景子さんの妹役。これは、見るつもりでした。
その妹役ですが、ストーカーに殺されているようです。
 「表参道高校合唱部!」では、いきなり?主演!?
演劇部の次は、合唱部。見ようかな。映画「先輩と彼女」は、見ない。

●「探偵の探偵」(フジテレビ 2015.7.9〜)紗崎咲良 役
●「表参道高校合唱部!」(TBS 2015.7.17〜)主演:香川真琴 役
● 映画「先輩と彼女」(2015.10.17〜)都築りか 役


金井美樹さん
(映画版:坂下綾乃 役。 舞台版:坂下綾乃 役)
 こちらも「花子とアン」に出ていたようです。
「11人いる」の11人の中にいたようだけど、知らなかったなぁ。当時は、ショートカット。

●山形発地域ドラマ「私の青おに」(2015年秋放送予定、NHK BSプレミアム)辻村莉子(高校時代) 役


そして、
平田オリザさん主催の劇団、演出もされた
青年団の舞台「冒険王」を観てきました。
「新・冒険王」も観たかったけど、そこまで、時間が取れなかった!
また、何かあったら観に行きたい。

さらに、
舞台「転校生」(若手女優発掘プロジェクト)
脚本:平田オリザ 演出:本広克行
出演者決定!!

「幕が上がる」の演劇部員のみ
坂倉花奈(舞台版:演劇部1年生 八木美咲 役/青年団)、
多賀麻美(舞台版:演劇部2年生 松永美緒 役/青年団)、
藤松祥子(舞台版:演劇部2年生 村上舞 役/青年団)、
伊藤沙莉(映画版:高田梨奈2役。 舞台版:高田梨奈1役)

ちょっと、観たみたい気がする・・・。


ほなな
posted by たにぃも at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | MCZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

《LV》月刊TAKAHASHI7月号@TOHO渋谷

ライブビューイング
「月刊TAKAHASHI 7月号」

日付:2015年07月12日(日)
開映:17時00分〜
劇場:TOHOシネマズ 渋谷
座席:スクリーン2 G列13番


出演:ももいろクローバーZ
   百田夏菜子、高城れに、有安杏果、玉井詩織、佐々木彩夏
本会場:Zepp Sapporo(北海道)

≪セットリス≫
(スタッフ三名がアカペラでハッピーバースデー)
00.Ooverture
01. 太陽とえくぼ(百田夏菜子ソロ)
02.ピンキージョーンズ
03.ゲッダーン!
04.Z女戦争
MC 自己紹介
05.DNA狂詩曲
06.My Dear Fellow
07.Pledge of Z(「『Z』の誓い」英語バージョン)
MC
〜夏菜子への手紙と思ったら・・・
杏果『kindマキちゃん(同じく本日が誕生日)』、
あーりん『夏菜子の母』、
詩織『うなガッパ(ゆるキャラ)』、
れに『太陽』
最後に高橋名人、これは真面目な手紙。
(※読んだ順)

08.Chai Maxx
09.CHA−LA HEAD−CHA−LA
10.BIONIC CHERRY
11.ココ☆ナツ
MC
12.渚のラララ(百田夏菜子ソロ)
  〜メンバー全員、スタッフもステージへ上がって合唱!

<アンコール>
般若心経〜(高橋名人)
12.ミライボウル
13.僕等のセンチュリー
14.スターダストセレナーデ
MC 
(突然、幕が閉じて、強制終了)

<LV限定映像>(現地音漏れ)
高城れに、先に来てお誕生日の飾りつけをするといったが、
何も無かったことへの追求!
〜「夏菜子ちゃん、おめでとう」即興ラップ!!
(桃神祭の見どころは?)「ウニっ!」・・・
ほか


〜19時16分頃:終映
posted by たにぃも at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

《映画》ターミネーター:新起動@品川プリンスシネマ

ターミネーター:新起動/ジェニシス(3D吹替)
"Terminator Genisys"

日付:20015年07月13日
開映:17時50分〜(CM含む)
劇場:品川プリンスシネマ
座席:スクリーン3 E列11番

スタッフ
監督:アラン・テイラー
製作総指揮:レータ・カログリディス、パトリック・ルシエ、
  ビル・カラッロ、ミーガン・エリソン、ロバート・コート
製作:デヴィッド・エリソン、
  デイナ・ゴールドバーグ
脚本:レータ・カログリディス、パトリック・ルシエ
撮影:クレイマー・モーゲンソー ASC、
プロダクション・デザイナー:ニール・スピサック
編集:ロジャー・バートン
衣装デザイナー:スーザン・マシスン
音楽:ローン・バルフェ
エグゼクティブ音楽プロデューサー:ハンス・ジマー


キャスト(配役)
アーノルド・シュワルツェネッガー(声:玄田哲章)
 (ターミネーター T−800/量産型サイボーグで、人間の姿を
   した殺人マシン。何者かによって過去に送り込まれ、彼女の
   守護神的な存在となる。サラ・コナーは“おじさん”と呼ぶ)

エミリア・クラーク(声:藤村歩)
 (サラ・コナー/人類抵抗軍のリーダー、ジョン・コナーの母)

ジェイ・コートニー(声:細谷佳正)
 (カイル・リース/人類抵抗軍の兵士。ジョン・コナーの右腕として
   機械軍と戦う。サラ・コナーを救うために志願して未来から
   過去へ送り込まれる)
ジェイソン・クラーク(声:小山力也)
 (ジョン・コナー / 人類抵抗軍のリーダーで、サラ・コナーの
   息子。サラをターミネーターから守るため、
   右腕のカイル・リースを過去へ送り込む)

イ・ビョンホン(声:阪口周平)
 (T-1000/液体金属型のターミネーター)

J・K・シモンズ(声:立川三貴)
 (オブライエン刑事/未来から転送されてきたカイルを
   逮捕しようとする刑事)

ダイオ・オケニイ(声:伊丸岡篤)
 (ダニー・ダイソン/ジェニシス計画を進める
   サイバーダイン社の社長)
コートニー・B・ヴァンス(声:手塚秀彰)
 (マイルズ・ダイソン/サイバーダインシステムズ社に
   勤める技術者)
 他


アメリカ 2014年 
配給:ギャガ
上映時間:128分
posted by たにぃも at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

《落語》復活の兆し!?@落語協会ホームページ

8月が近づいてまいりました。
池袋演芸場の夏! 小三治の夏!!

末広亭(6月下席)は、1回しか行かなかったけど、
池袋は(8月上席)、3回 いっちゃおうっかなぁ〜

そういえば、7月は、
まだ、一度も落語を聴きにに行ってない。
そんなわけで、恐るおそる
「社団法人 落語協会」のホームページを訪ねてみました。

(以前ちょっと、苦情めいたことを書きましたが・・・)

情報が増えてきております。
情報量が、以前のものに近づいております。

リニューアルといいつつ、“改悪”されてしまったら、
ファンにとってはガッカリです。
以前より、よくなれば最高なんですが・・・。

これからも、
よろしくお願いします。
posted by たにぃも at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

《感想》ターミネーター“まさに”新起動!?@新・三部作!

入場時にもらったもの・・・!

ターミネーター頭(表)

エンドスケルトン頭部(平面)

「ターミネーター」シリーズに、
凄く思い入れがあるわけではないのですが
まずは、今までの「ターミネーター」シリーズに、ふれておきますと、

「ターミネータ」の1作目は、
1985年、30年前。まだ、19歳。
確か試写会が当たって観に行った。
内容をなにもしらず、特に期待もせずに観に行って、
面白かったのを覚えている。
お金がかけられなかったので、B級仕上がりの映像がありつつも、
“人間 vs 機械”、なかなかのSFホラー。
最後のあのしつこさが、恐怖!

「T2」1991年(14年前)。
確か、映画館に観に行ったと思う。
あの“ターミネーター”が、味方として帰ってきた!
シュワちゃんが、有名になったことが大きいでしょうが、面白い展開。
お金のかけ方も、CG技術も1作目とは見るからに違う。
“人間&旧型ターミネーター vs 新型ターミネーター”
サラ・コナーも、
ただのウェートレスから、ムキムキな戦士に!
“液体金属”の映像も新鮮!
“ターミネーター同士のぶつかり合い”、
イイ人ターミネーターのラストの“サムアップ”

そういえば、
「T1」と「T2」の監督のジェームス・キャメロンは、
この1作目と2作目の間というか、「T1」のすぐあと後
1986年に「エイリアン2」で、監督をしています。
「エイリアン」1作目のホラーテイストが、
「2」では、大量のエイリアンで、アクション性が強くなり、
リプリーが、マッチョ(肉体的というより精神的に)な
強い女性のイメージが、「T2」と重なります。
ラストの、1対1で、作業用のパワースーツで戦うところなんかもターミネーター的で、そして、エイリアンのしぶとさ。
ビショップという、アンドロイドも、いい仕事をしました。

話を「ターミネーター」に戻して・・・

「T3」2003年(12年前)。
こちらも、映画館で観ました。
遂に“女性タイプターミネーター”登場!
とはいうものの、あまり新鮮味は無かった感じ。
そして、大がかりなクレーン車でのカーチェイスもありますが、
なんだか大味で・・・。
そして、コメディ要素というか、
“ターミネーター”ギャグ? パロディ? も、ちょっと寂しい。
そして、シュワちゃん以外の俳優陣も、なんだか微妙・・・。

「T4」2009年(06年前)。
ウィキによると、新たな三部作の始まりのつもりだったらしい。
レンタルで観たけど、ほとんど記憶に残っていない・・・。
そして、細かいことは考えたくない・・・。


そして、新たに!? “新起動”!!

ターミネーター:新起動(裏)

入場時にもらったものの裏。どっちが表?
まあ、チラシですね。
ウチワとしても、使えるってこと?


「ターミネター:新起動/ジェニシス」(2015年)
待ち望んでいたわけでもないですが、

綺麗、カワイイ、そして、ボディも・・・な サラ・コナー(エミリア・クラーク)。
これ“サラ・コナー”??
1984年で、“19歳??”、若いころ???
顔が似ていなくてもいいとは思いますが、あまりにもイメージが違う、(見た目の年齢、体型など)別人過ぎて・・・
1作目と同じ時代、同じ人のこととは思えなくて、混乱!

(ですが、1作目を見返していなかったので、その場面の再現度もボンヤリとしか感じられず、思い出しつつ観ていた。ぜひ、1作目だけでも、観ることをお勧めします)

まあ、突っ込みどころは満載ですが、
深く考えずに楽しめば、面白い!! ・・・!?
でも、けっこうな“反則技”だなぁと、思い入れのない私でも、ちょっと思います。
ここまで続いているがために、新たなものを作るのが難しいとは思います。

シュワちゃんが出ているのは嬉しいが、
これから“新たな三部作”と言われると、「もう、いいよっ」って思っちゃいます。
「スターウォーズ」のように、
前後しつつも“通し”になっているならいいけど、これから、行ったり来たりしながら進むのなら(進まずに、振出しに戻ったり?)、また、ワケが分からなくなりそう。
今後には、相変わらず、期待はしていません。

最後の最後に、
(シュワミネーターが)あんなことになるし・・・(秘)笑!

何だか、マイナスポイントをたくさんあげている感じがしますが、
トータルとしては、楽しめました。
ただ、この先も続けるといわれると「んぅ〜ーっ、・・・?」

あ、念のために書いておきますが、
“吹き替え版”“3D”で観たのが、マイナス要因になっている可能性もあります。


ほなな
posted by たにぃも at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

《MCZ》夏菜子生誕祭! 月TH7月号 じぇじぇ@LV

現在は、2015年7月25日。
高城れにチャンの“手首の骨折”が発表されて、
数日が過ぎました。
放送では見たれていないですが、テレビで笑顔をみせていました。ギブスに包帯はしていますが、三角巾でつっていないので、痛々しさはちょっと軽減。


まあ、それはそれで、置いといて、
遅ればせながら・・・

2015年7月12日(日)。
「月刊TAKAHASHI 7月号」ライブ・ビューイングに
行ってきました。
“月刊”は2度目で、前回は4月。
何故か2回とも、本会場は北海道Zepp Sapporo。
今までのLVは、
ほとんどTOHOシネマズ六本木だったけど、今回のLV会場は、TOHOシネマズ渋谷になった。家からは近いんだけどね。
六本木は、グッズ売り場があるんだけど
(近くに、テレ朝ショップもあります)、
渋谷は、飲食の売店でグッズも売っているという、何が置いてあるかもわからないし、混雑するよね。
まあ、初めてだったので買っても分からず、
ちょっと、開始時間も勘違いしていて、結構ギリギリに行ったので、公式パンフレットを帰りに買おうと思ったら、売り切れでした。

前回の4月は、“幻の時間”がありましたが、
今回は、“百田夏菜子 生誕祭”。
誕生日の当日ですものね。
そんな意味で、いつもより“わちゃわちゃ”が、やや多め?

オープニングから、そういった演出。
百田さんのソロで始まり、ソロで終わる!
(本編。アンコールを除く)
セットリストは、佐々木さんによるものだそうです。
その1曲目&ラストのソロ、どちらも間違うという“らしさ”(笑)。
「ゲッダーン!」の“うひょ顔”も!!
それに、全曲ではないが、
スクリーンの右下には“ワイプ”があって、
百田さんのアップ、“百田カメラ”がありました。

「Anime Expo」(アメリカ・ロサンゼルス)で披露した
「Pledge of Z」(「『Z』の誓い」英語バージョン)。
朝の情報番組でちょっとだけ見ただけだったので、
全曲聴けたのはうれしいね。
なかなかの“カタカナ”だったけど(笑)。

最初のMCは、
ヘッドセットを装着(?)、3人がはけて、
“あやたか”、佐々木さん、高城さんの2人ではじめる。
高さんが、まさかの「じぇじぇ!」。
(「あまちゃん」の再放送を観てるのか? 私は観てます)

玉さんのさらにショートカットにした話から
高さんもきったけど、誰も何も言わない・・・
高さんがポニーテールからの
あーちゃんの長さだと、ポニーテールは凶器。

英語で歌うと、英語がしゃべれるような気がする、
英語を喋れるようになりたい、
高さん、英語勉強用ルーズリーフを買うも、ダンスノートに、
百田さん、英語の自己紹介(苦笑)・・・(汗)

有安さんのそっくりさん。
歌い出しの出遅れて、ゴメン!  などなど。

「月刊TAKAHASHI」にくると、
大きな会場とは違って、ライブハウスの良さを感じる。
大きな会場で、観て、聴いていた曲も新たに新鮮さを感じる。

「ピンキージョーンズ」なんかもそうだし、
「Chai Maxx」
「CHA−LA HEAD−CHA−LA」
「BIONIC CHERRY」
「ココ☆ナツ」の連続は、凄かった!

大きな会場だと、あちこちに広がっていて、
5人が1つの画面でのフォーメーションじゃなことが多い
「Chai Maxx」「BIONIC CHERRY」、
夏の定番「ココ☆ナツ」も、何だか新鮮でうれしい!

アンコールごのMCは、突然、幕が下りてきて、
強制終了!
締めの「Z!」「挨拶」が、出来ず。

からのLV特典映像(本会場は、音漏れ)。


「桃神祭の見どころは?」
「じぇじぇじぇ・・・ウニ!」(高城れに)

「百田さんの誕生日なので、
 折り紙で輪っかを作って、お誕生日会の飾りをする」
って、高城さんは言っていたらしい。
それを、ばらし、
“何も飾りが無い”ことをつっこむ玉井さん。
追い詰められる高城さん。
代わりに何かして欲しいと要求されると、
ラップ? 即興で歌い出し・・・・グダグダ・・・。

「桃神祭」追加や「親子祭」の話なども。

実は、この日の時点で、「桃神祭」は参加できない予定でした。
でも、その後、
なんとか土曜日の休みがとれそうにな感じになったので、
最後の最後、一般発売で、LVをとりました。
とれました!!

8月1日、
れにちゃんの左手首は、どんな調子でしょうかね。


ほなな
posted by たにぃも at 21:03| Comment(0) | TrackBack(0) | MCZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする