2014年08月02日

《徒然に》夏ですね@8月2日

8月になってしまいました、夏ですね。

7月後半から仕事の帰りには、
ちらほらと浴衣姿の女性見かけます。
花火大会をやっていますしね。
隅田川の花火大会も終わりました。

先週の27日の日曜日には
初めての「ももクロ夏のバカ騒ぎ」に行ってきた。
今年は“お祭り騒ぎ”の「桃神祭」でした!
時間は16時30分の予定でしたが、
雷雨のため、17時30分スタート。
そのまえに、炎天下でウロウロしていたので、
それなりに日焼けしました。
夕立、虹、花火。夏を感じました。

今日、
8月2日は、私の住んでいる近所では、
ぼんおどりが行われていました。

8月ってことは、落語。
池袋演芸場の上席・昼の部は、小三治さんがトリ。
“人間国宝”に認定されたのもあり、いつも以上に盛況のよう。
毎年、行っているし、小三治さんの噺を聴きたいけど
座れるかなぁ・・・



そんなワケで、49歳になりました。


ほなな
posted by たにぃも at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

《番組》8月上昼・小三治(4日目)@池袋演芸場

池袋演芸場
平成二十六年八月上席・昼の部

日付:2014年08月04日(月)
開演:12時30分〜
会場:池袋演芸場
座席:C列5番(自由席・前売券購入)

開口一番:金原亭駒松「道具や」

12:30〜
柳家ろべえ「もぐら泥」
ロケット団(漫才)
林家木久蔵「紙入れ」
柳家福治「安兵衛狐」

三遊亭小円歌(三味線漫談)
桂藤兵衛「江ノ島の風」
林家正蔵「悋気の火の玉」
江戸家猫八(ものまね)

柳家さん喬
「千両みかん」

〜仲入〜

柳家一琴
「平林」

三遊亭圓丈
「強情灸」

林家正楽(紙きり)
「線香花火。()、高校野球、紙きりをする正楽」


(16:00頃〜)
柳家小三治
(「暑い」と言うのを止めるのを止めました〜
 暑くて脳みそが沸騰している〜圓生は?〜なぞかけ、問答
 〜一人でも三平・・・)
「蒟蒻問答」


〜16時50分過ぎ:終演
posted by たにぃも at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪落語≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

《チョイ出シ》人間国宝でも小三治さん@池袋演芸場

池袋演芸場の8月上席・昼の部。

2007年に
初めて池袋演芸場(主任:柳家小三治)に行って以来、
毎年、楽しみにしている。
2011年は、小三治さんの出演ではなく。
2012年は、復活したのに私が行けなかった。
2013年は、10日のうち2回いった!!

2014年も夏が来た。
しかし、今年は“人間国宝”である。
ご本人は“飄々”としているかもしれないが、周りが違うようで、自分が行ける日まで、twitterを観たりしていたら・・・
8時から並んだとか、立ち見、溢れ出している、などなど。

まあ、小三治さんがトリをとるときは、いつもそんな感じと言ってしまえば、そうなんですが・・・。
(私も何度か、立ち見をしました)
いつも、溢れるくらいだけど、いつも以上のような感じもする。

「あっ! 前売り、買ってない」

そんなワケで、前日の3日(日)に、池袋演芸場に電話をしてみた。
この日は、小三治さんは休演。
「お忙しいところ、すみませんが、明日の前売りはまだありますか?」
「少しお待ちください・・・、あと7枚あります」

池袋には用事はなかったけど、
並ぶ時間と労力と、さらに立ち見になった場合の体力、
などなどを考えれば、電車賃ぐらい安いもの!
せっかくなので、10日(日)の前売りも買った!!


2014年8月4日(月)
当日は、11時前に到着。
外のチケット売り場のほうは、思ったより長い列になっていない。
角まで届いていない。月曜日だからかな?
前売り組は、池袋演芸場の地下へつながる階段へ。
ちょうど踊り場のところで並ぶ。
日が当たらないのはいいが、空気がこもる。

持ち物は、半分凍らせた飲み物。扇子。
(ここで並ぶには必需品!)
これはいつも持っているが、ハンカチ。デジタルプレーヤー。本。
あとは、入ってからの軽い昼食とお茶。そしておやつ。

11時45分頃、入場開始。
C列5番、いつもこの辺りを選ぶ。
前売り組が、パラパラと入ってきて、12時からは当日売りの人が入ってくる。
すでに、席はほとんど無いんだけどね。

月曜日ということもあってか、年齢層はやや高め。夏休みという感じの若者もチラホラ。
でも、ノリがよく、よく笑う。
「待ってました!」「たっぷり!」
小円歌さんの三味線が先代文楽の出囃子をひくと
「黒門町!」という、掛け声も。

木久蔵、正蔵も出演・・・。
円丈さんも、たっぷり笑いをとっていました。

ご本人は、一切“人間国宝”について触れなかったけど、
ほかの方が何人かマクラで話していました。

さん喬さんも“人間国宝”、先代の小さんの弟子。
“なぜマクラを振るか”という話から
“小三治さんは違います”、好きなことをしゃべって、
「小言念仏」で終わるとか・・・(会場爆笑)

こんなところで「千両みかん」が聴けるとは思わなかった。


人間国宝の柳家小三治さん登場で、大きな拍手!
「暑いと言っても、しょうがないので、言うのを止めていました。けど、“止めるの”を止めました。車できてそこに入るまでの間で、脳みそが沸騰しそう・・・」(笑)
「女性のスタッフが話していたんですが、70過ぎぐらいのおじいさんが・・・、私もおじいさん何ですかね? 本人はそんなつもりないんですが・・・。ロビーのベンチに座って、モニターと番組表を見比べて『圓生はいつ出るんだ』って聞いてくるんですって・・・やっぱりみんな脳みそが沸騰しているんですかね」(笑)

小三治さん自身も懐をさぐって
手ぬぐいと扇子を忘れた、ってことで、袖に向かって「おーいっ」と前座さんに声をかける。
しかし、扇子は座布団の前にあって「あっ」って感じ。
しかし、手ぬぐいは懐をさぐってもない。袖、楽屋に無かって声をかけると
折りたたんだ手ぬぐいの束、(5枚以上?)を持った前座さんがやってきた。
(今日やる演目にあわせて選んでください、ってことなのかもしれませんが)
それの手ぬぐいの束を見て、客席に視線をやる(会場笑)
よく聞こえなかったんだけど「雑巾がけやるんじゃないんだから」というようなことをボソッと言っていたような。
そして
「やっぱり、みんな脳みそが沸騰してるんですかねぇ」(笑)

近くで観る「蒟蒻問答」、いいですね。
表情がはっきり。

夜の部も、志ん輔さん、喬太郎さんなど聴きたかったけど、
昼の部で切り上げました。

皆さんも、熱中症には気をつけてお並びください。


ほなな
posted by たにぃも at 02:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月10日

《小三治》2014・8月上昼(全演目)@池袋演芸場

2014年 8月上席
8月1日(金)〜10日(日)

【池袋演芸場 昼の部】
1日 「天災」
2日 「青菜」
3日 休演(代演:柳亭市馬)
4日 「蒟蒻問答」(私も聴いてきました)
5日 休演(代演:柳亭市馬)
6日 「粗忽長屋」
7日 「馬の田楽」
8日 休演(代演:柳亭市馬「大工調べ」)
9日 「お化け長屋」
10日 「欠伸指南」(私も聴いてきました)


※ネット上にある情報を拾っているので、
 間違えがある可能性があります。
posted by たにぃも at 19:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《番組》8月上昼・小三治(千秋楽)@池袋演芸場

池袋演芸場
平成二十六年八月上席・昼の部

日付:2014年08月10日(日)千秋楽
開演:12時30分〜
会場:池袋演芸場
座席:B列7番(自由席・前売券購入)

開口一番:柳亭市助「金明竹」

12:30〜
柳家ろべえ「芝居の喧嘩」
ロケット団(漫才)
林家木久蔵「勘定板」
柳家〆治「看板のピン」

ぺぺ桜井(ギター漫談)《代演》
桂藤兵衛「浮世床(夢の逢瀬)」
柳家はん治「妻の旅行」《代演》
江戸家猫八(ものまね)

柳家さん喬
「湯屋番」

〜仲入〜

柳家燕路
「辰巳の辻占」

三遊亭圓丈
「手紙無筆USA」

林家正楽(紙きり)
「線香花火。蝉しぐれ。
 ミッキーマウスとミニーマウス。なすかぼ」


(16:00チョイ過ぎ〜)
柳家小三治
(お膝送り〜昔の寄席は、畳敷き〜
 初高座、川崎演芸場〜昔の池袋演芸場・・・)
「あくび指南」


〜16時38分:終演
posted by たにぃも at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪落語≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月16日

《映画》GODZILLA ゴジラ@TOHOシネマズ西宮

GODZILLA ゴジラ(字)(2D)
"Godzilla"

日付:2014年08月16日(土)
開映:15時50分〜
会場:TOHOシネマズ 西宮OS
座席:スクリーン7 D列9番

スタッフ
監督:ギャレス・エドワーズ
脚本:マックス・ボレンスタイン
ストーリー:デヴィッド・キャラハム
製作:トーマス・タル、ジョン・ジャシュニ、
   メアリー・ペアレント、ブライアン・ロジャース
製作総指揮:パトリシア・ウィッチャー、アレックス・ガルシア
   坂野義光、奥平謙二
撮影監督:シーマス・マクガーヴィ
美術:オーウェン・パターソン
VFXアドバイザー:ジム・ライジール
音楽:アレクサンドル・デプラ


キャスト(役名)
アーロン・テイラー=ジョンソン(フォード・ブロディ/大尉。
  アメリカ海軍の爆弾処理を専門とする部隊の隊員。)

渡辺謙(芹沢猪四郎博士/生物科学者。
  特別研究機関MONARCH(モナーク)に所属。放射線が生物に与える影響を調査している)

エリザベス・オルセン(エル・ブロディ/フォードの妻。
  サンフランシスコ総合病院救急救命室(ER)勤務の医師)
ジュリエット・ビノシュ(サンドラ・ブロディ/ジョーの妻。
  夫とともに日本の雀路羅市にある原子力発電所で技師として働いている)
サリー・ホーキンス(ヴィヴィアングレアム/芹沢博士の助手。
  MONARCH(モナーク)に所属する古生物学者)

デヴィッド・ストラザーン(ウィリアムステンツ司令官/
  アメリカ海軍第七艦隊の提督。ゴジラとムートーの殲滅作戦を指揮)
ブライアン・クランストン(ジョー・ブロディ/核物理学者。フォードの実父。
  妻の死後、その原因となった原発事故について単独調査していた。)
ほか

登場怪獣:
ゴジラ/Godzilla
(呉爾羅。身長:355フィート〈108m〉、体重:9万トン)

ムートー/M.U.T.O.
(Massive Unidentified Terrestrial Organism/未確認巨大陸生生命体)


アメリカ 2014年 
配給:東宝
上映時間:124分
posted by たにぃも at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

盆休み中@関西

少し遅い盆休み。


読んでいる本は、

東野圭吾
『時生』(文庫)と

広瀬和生
『なぜ「小三治」の落語は面白いのか?』
インタビューが、興味深い、面白い!


あと、
映画「ゴジラ」を観た。
水爆、“破壊神”、怪獣vs怪獣……
大迫力でした。


ほなな
posted by たにぃも at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする