2013年10月01日

《TV》「あまちゃん」音楽とタモリさん@いいとも!

「笑っていいとも!」のテレフォン
「あまちゃん」音楽担当の大友良英さんが出演。

「あまちゃん」人気からとはいえ、
サントラがランキングに入ったり、挿入歌もランキングに入ったり、
音楽がらみで特番ができたり・・・
さらに、関連で80年代コンピも監修・宮藤官九郎で出たり、
サントラが2枚、挿入歌シングルが1枚、歌のアルバムが1枚、
「公式ぶらばん」も1枚。
ドラマの人気があるからって、そうはないことですよね。
ま、私は「サントラ」好きなんですけどね。

ところで、テレフォンショッキング!
 『潮騒のメモリー』に関しては、
「1986年に60万枚ヒットした曲を作ってくれ」という“ワケの解らない”依頼があったとか、
小泉今日子、坂本龍一など、いろんな人のアイデアが詰まっているという話。
他にも『暦の上ではディセンバー』の制作秘話なども。

タモリさんは、劇中に流れていた「ノイズっぽいギター」の曲に注目。
番組中も直ぐにかかりましたが、
それは「あまちゃん オリジナルサウンドトラック2」の24曲目「軋轢」。
さすが、タモリさん面白いところに目を付ける。
そして、大友さんの得意とするところ
(と言っても、私はそのへんはよく知りません。プロフィールとして、知っているだけです)

大友さんが、タモリさんの番組にテープを送って、オンエアされた話しも。
そして「ソバヤ、ソバーヤ」。
話が盛り上がってました。
大友さん「もう、いま死んでもいい!」って、喜んでいました。

23. 組曲無頼鮨第一楽章「カッパ」
も、オススメしてました。


今日は、能年玲奈ちゃんが、
ストーブさん(小池徹平)と、クーラーさん(ウェンツ)と、
フジさん(藤森慎吾)とテレビに出ていました。
「火曜サプライズSP」(10月1日、日本テレビ系)


ほなな

(参考)
「音楽・アーティスト情報とレビューの総合サイト リアルサウンド」
http://realsound.jp/2013/09/post-109.html
posted by たにぃも at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月04日

《感想》小三治一門会「くず餅の話」@草加

2013年08月18日(日)
草加市文化会館ホール、初めてかなぁ。
下車駅は、松原団地駅。記憶にない。
(けど、記録にはあった。2012年の9月9日、小三治一門会のチケットを取っていたのだけど、急に仕事で行けなくなった。だから、行くのは初めての会場)

柳家小三治 一門会(13時30分、開演)
座席は、16列28番。左ブロックの一番右の通路側。
後ろも右うろになっているので、周りに気を遣わなくていい、
気楽な席。

開口一番は、柳家小かじサンの「道灌」。
三三さんのお弟子さん。

そして、
三之助さんの噺は、久しぶりに聴いた感じがしたけど、調べるとそうでもなかった。
今年に入ってからも、寄席で何度かあった。
「浮世床(夢の逢瀬)」
三之助さんは、ソフトな感じがあるので、お嬢さんも雰囲気がある。

仲入り後は、
三味線漫談の柳家そのじサン。
やっぱり、そのじサンのいる一門会は、いいなぁ。
ほっこりします。
しかし、最後に
「こんなに暑い会場は・・・」
(どうも、冷房の調子が悪かったみたいです)

小三治一門会のトリは、もちろん、小三治さん。
「扇子であおげるひとは、幸せですね(笑)」
客席に、扇子をあおいでいる人が、そこここにいる。
(高座は、ライトもあたっているし、さらに暑いでしょうね)
開口一番の小かじサンの落語に少し触れる。
「あんなもんじゃ、だめですね」
小かじサンの師匠の三三さんの入門当時は、とにかく大きな声を出せといった。
「もう、がなるぐらい、大きな声で!」
「お客さんがビックリするぐらい。」
それにくらべて、小じかサンは・・・、ということ。

そして、帰省の時期ということもあって、東京土産に困る、という噺。
小三治さんは、いつも“くずもち”だとか。
ちょっと、私は?(クエスチョン)
白濁としていて、発酵させて・・・。
“葛”を使っていない。???
私は、京都の“葛餅”しか知らなかった。初耳です。
そして、それを持って行ったときに、後から苦情があったそうです。
「あれ、ちょっと臭いがしたよ・・・」(傷んでいたよ)
名古屋の人も出てきて、“ういろう”にとばっちり!
何か、食べてみたいような、食べたくないような・・・(笑)

参考:http://ameblo.jp/yamashin1201/entry-10443038276.html

そして、客席に向かって、扇子をあおぎ始める小三治さん。
会場が暑いから、客さんへ風を送ってくれる。
届くはずもないが、ちょっと涼しさを感じたりして。
すると、
「植木屋さん、せいがでますなぁ」と、
「青菜」へ。
前半は、涼しげですが、長屋へ帰ると、風が滞って
おかみさんは、押入れから汗だくで飛び出す。
暑さも忘れる可笑しさ!!


ほなな
posted by たにぃも at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月05日

《ドラマ》あまちゃん@本・雑誌

「あまちゃん」ムック、関連本が集まりました。

「あまちゃん」本たち


『連続テレビ小説あまちゃん Part1』(NHKドラマ・ガイド)
『連続テレビ小説あまちゃん Part2』(NHKドラマ・ガイド)
この二冊は、大きくは、北三陸編と東京編に分かれている。
あまり、写真重視ではなく、半分以上モノクロ。
出演者インタビューとあらすじ(第22週まで)、そして、セット。
1では、ロケ地紹介なども。2は、GMT座談会、振り付けや、80年代プレイバック。

『あまちゃんメモリアルブック NHKウイークリーステラ臨時増刊10月30日号』
メモリアルフォト集
脚本・宮藤官九郎、音楽家・大友良英インタビュー。
演出家に聞く〜カメラのこっち側〜(←これは、いいですね!)
そして、小ネタ、隅っこがタップリ!
この三冊は、基本ですよね。
三冊あっても、ダブリ感なし!!
立ち読み:http://shop.nhk-sc.or.jp/shop/g/g010200075/
「ステラ」のバックナンバーもありますよ。
インタビューページ、立ち読み可。

『あまちゃんファンブック おら、「あまちゃん」が大好きだ!』
こっちは、まさにファンが作り上げた本。
この本を読みながら、イラストを見ながら、
ひとり「あまちゃん」談義状態、って、まだ途中。

あと、これも気になります。
『あまちゃんメモリーズ』文藝春秋×PLANETS

そして、
いつも買っているテレビ情報誌「TV Bros.」では、
これだけ記事がありました!

「あまちゃん」掲載のテレビ情報誌


黄色い能年ちゃんの表紙(3.30 >>> 4.12号)。
春の新番組特集じぇじぇじぇー!。
能年玲奈ちゃん、宮藤官九郎さんのインタビュー。

奥の井之頭五郎の表紙(7.6 >>> 7.19号)。
夏ドラマ&新展開「あまちゃん」。

奥のウッチャンの表紙(8.17 >>> 8.30号)。
「あまちゃん」コントに宮藤官九郎登場。
ウッチャン&アキちゃん 奇跡の2shot

白い能年玲奈ちゃんの表紙(9.14 >>> 9.24号)。
(特集オールカラー化)
【保存版】前17ページ「あまちゃん」総力特集!
「あまちゃん」クライマックス。
ブロス連載陣が選ぶ「名場面」「あまちゃん論」etc.


ほなな
posted by たにぃも at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

《小三治》残念! 10月上席@鈴本演芸場

恒例の十月上席夜の部
主任・柳家小三治に今年は行けなかった。

行けるチャンスは一度、10月6日(日)。
その日は「うどん屋」でした。


真打昇進披露興行にも出る日があるみたいだけど、
いつ出るか分からないしなあ。

披露興行もちょっと行ってみたいんだけどね。
十月上席は、新宿・末廣亭。
十月下席が、池袋演芸場。

今年は、もう、
小三治さん聴けないかなぁ。


ほなな
posted by たにぃも at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月08日

《TV》「あまちゃん」の輪@「いいとも」他

ついに!
「笑っていいとも」のテレフォンショッキングに
能年ちゃん登場!!
番組が始まる前から、終わりまで、
何だかんだだで、30分近くの出演。

能年ちゃんが出る前にも、
「笑っていいとも」のテレフォンショッキングで
「あまちゃん」に関係する人が出演していた。
(それだけでも、ないんでしょうけど、それも大きいい?)
最近、NHKとフジテレビは仲いいよね。

で、ちょっとほかの出演番組も復習!

実は最近、録画してあったものを見て知ったのだけど
(8月下旬のもの)、
【「ダイワハウス」のCM「湘南にも」篇】を見て驚いた!
役所広司さんがメインで、
古田新太さんも出ていたバージョンも知っていたが、
勉さん(塩見三省)に、アキちゃんパパ(尾美としのり)も揃った。
そして、CMのキャラ通りではあるのだけど、踊る“太巻”!!
どう考えても・・・。

9月21日(土)(28日と二週連続で出演)
「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」(テレビ朝)
古田新太さん(この週は、「あまちゃん」ネタ無し)

(「あまちゃん」放送の最終週)
●「笑テレ」9月23日(月) ピエール瀧さん(無頼鮨の大将・梅頭、梅さん)
(能年ちゃんは、あのままですよ。)

9月24日(火)
「小泉今日子マツコYOUが、今夜あの場所で」(日本テレビ系)
小泉今日子さん
(朝ドラ出演の影響を少し。そして、デビュー前の「スター誕生」の映像や懐かしい曲を紹介。)

(9月28日(土)「あまちゃん」最終回の放送日)
9月28日(土)深夜
「ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!」(テレビ朝)
古田新太さん(アドリブについてくる能年ちゃんについて他)

●「笑テレ」9月30日(月) 大友良英さん(音楽)
(たっぷり「あまちゃん」音楽について。そして過去のタモリさんとの関わりについても)

10月01日(火)19時00分〜
「火曜サブライズ 秋の拡大2時間SP」(日本テレビ)
能年玲奈さん(ストーブさん・足立ヒロシこと、小池徹平と一緒)
(そして、レギュラー人は、クーラーさんことウェンツ瑛士、フジさんこと藤森慎吾)
ほぼ半分位(40数分)は、能年ちゃん。
そして、別枠で、宮藤官九郎さんも
(阿部サダヲさんと「謝罪の王様」絡み)

10月01(火)21時分00〜 「有田とイヤラシイ人々SP」
「あまちゃん」便乗&効果について。
清水良太郎(若き橋幸夫役)
(父・清水アキラのコネ?橋幸夫つながり?)
足立梨花(アメ女・センター、マメりんこと、有馬めぐ)
(ブログがトップニュースに)

●「笑テレ」10月04日(金) 松尾スズキさん
(純喫茶「アイドル」のマスター)(脚本の宮藤官九郎の師匠話。)

●「笑テレ」10月07日(月) 能年玲奈さん
◎番組前のPRでは、林先生と「今でしょ!」
◎提供のバックで、楽屋から出てくるシーン。
◎「テレフォンショッキング」も、たっぷり。言葉数は少ないですが。
◎中盤の提供のバックで、
 「テレホンショッキング」のボード用の撮影シーンも。
◎「いいとも選手権」始まりには、チャップリンヒゲ着用で
 おどけた表情!
 最後は、何のお知らせもないが、ふなっしーと競演。
 ふなっしーから“起き上がり小法師”をもらい、
 「ウニ頂戴」と言われ対応に困る。
 三村さん「無視していいからっ」と助け舟!

ネット上でも噂になっていますが、そんなに?
タモリさんも、沈黙を楽しんでたんのでは?
最後のヒゲちゃん姿が、表情も可愛かった。
(見ていない方は、増刊号をお楽しみに!)

橋本愛、ユイちゃんは出ないね。


ほなな
posted by たにぃも at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月10日

《演目》主任・小三治・1310上夜(全演目)@鈴本

上野・鈴本演芸場
2013年十月上席 夜の部 主任・柳家小三治

2013年10月1日(火)〜10日(木)
17時30分開演〜20時40分終演(予定)
当日売り自由席 昼夜入替制

初 日「野ざらし」
2日目「野ざらし」
3日目「一眼国」
4日目 休 演(代演:柳家喜多八)
5日目「甲府い」
6日目「うどん屋」
7日目 休 演(代演:柳家喜多八)
8日目 休 演(代演:柳家喜多八)
9日目「転宅」
千秋楽「野ざらし」

今回は、残念ながら一度も行けませんでした。
わりと、お馴染みの演目ですね。
今年はもう、生の小三治さんの噺、聴けないかも。


ほなな
posted by たにぃも at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月12日

《ドラマ》タイガー、タイガー、じれっタイガーっ@再放送

ドラマ「タイガー&ドラゴン」の再放送、
もう、終わっちゃいました。

私が、クドカン作品にはまったのは、このドラマからなんです。


TBSとしては、
新番組の主演・長瀬智也のドラマ「クロコーチ」の
呼び水PRってことでしょう。

でも、
ちょうど、連続テレビ小説「あまちゃん」(主演・能年玲奈)終わりで、
脚本・宮藤官九郎とは、いいタイミング!
(「あまちゃん」終わりには、“落語”がモチーフということで、ちょうど見やすい内容じゃないでしょうか)

(「あまちゃん」総集編の放送があります)

しかも、クドカン脚本で、映画「謝罪の王様」も公開中!!
(『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』の水田伸生監督、脚本の宮藤官九郎、主演の阿部サダヲが三度顔を合わせた痛快ブラック・コメディ。)
私は、前二作も観ました。これも観たい!!
でも、一番ぶっ飛んでる感じがする。

このドラマの前にも、クドカン作品にも出演している
長瀬智也(山崎虎児。林屋亭小虎)、
岡田准一(谷中竜二。林屋亭小竜)が主演。

「あまちゃん」にも出ていた、クドカン常連ともいえる
尾美としのり(そば屋「そば辰」の主人)、
荒川良々さん(ジャンプ亭ジャンプ)。

ゲスト出演
ヒロシ(懐かしぃー。こっちは本物、小池撤兵ちゃん、じゃないよ!)
(デス・キヨシ。人気ハードロックバンド「デス・ロマンティック」のボーカルだった)
古田新太
(上方まるお。上方の夫婦漫才師)
薬師丸ひろ子
(白石克子。35歳独身の「負け組」女。浪費癖のため多額の借金をし、新宿流星会から追い込みをかけられている。)

クレイジーケンバンドが歌う「タイガー&ドラゴン」!
伊東美咲の天然キャラ炸裂!
蒼井優のキレキャラ爆発!!

西田敏行(林屋亭どん兵衛)
笑福亭鶴瓶(中谷謙。新宿流星会・組長)

「泣かせてぇんじゃねぇ、笑わせてぇんだよ」

ああ、懐かしいなぁ。


ほなな
posted by たにぃも at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする