2013年01月15日

《チョイ出シ》雪の二之席昼・小三治@池袋演芸場

2013年01月14日(月・祝)
雪の成人式

朝 起きた頃は、みぞれ交じりの雨だったが、
時間がたつごとに、ドンドン雪になってくる。
風も強く、吹雪のよう。

こんな中、外で並ぶのか?
何て思いもよぎるが
鈍る気持ちを奮い立たせて、出発!

何かが起こりそうな予感も・・。
こんな日に、池袋演芸場というのも、ふさわしい気がする。

そんなわけで、すでに出遅れてしまっている。
駅まで歩いているときも、横殴りの雪(こんな言い方するのでしょうか?)
でも、この天候だと、並んでいる人は少ないかもしれない
とも、思いつつ向かう。

到着したのは、11時25分頃。
列は、一重目で、私が「油そば」屋までいかないくらい。
(おう! これなら座れる!)
今日は、ホッとドリンク二本体制で挑む。

傘をさしてジッと並んでいると、傘に雪が積もって重たくなってくる。
そして、だんだん落ちてきて、目の前に氷柱の赤ちゃんができてくる。
水滴が凍るほど寒くは無いので、氷柱は成長していかないけど、観察したりして・・・。

さらに、列が伸びると、「油そば」屋のお姉さんが顔を出して、
店の前にいる人のその先を確認する。
営業妨害ですな。
しばらくすると、池袋演芸場はっぴを着たが来て、列の整理をする。
二重目の列ができる。
私の後ろから、二重目ということで、前に移動した。
横に人がいなくなるだけで、こんなに寒くなるものかと、実感する。
その時、「前売り券を持っている人はいませんか?」との声。
(前売りあるんや!)
と、ここでは、ただそう思っただけだったが、実はこれは危うい事態の前触れだった。

体を動かすことはできないが、音楽を聴いて、リズムをとりつつ気持ちを盛り上げる。
列は、三重目に・・・。

ドリンクもほとんど冷めてしまっているので、カフェオレの方を飲んでしまう。
さすが、成人の日。
ちらほたと、振り袖姿の女性が雪の中を歩いている。

12時前ぐらいに、列が動き出す。
ずんずん進み、入場券を買い、
地下へと降りて行く。

途中、トイレを済まし、
入口でもぎってもらい入って行った。

(なぬっ!! ほぼ満員!!!)
何とか、最後列のパイプ椅子は確保した。

前売りを買っていた人が、どれくらいいたのかわからないが、並んでいる人数で、席の確保は間違いないと思っていたんだけど、まさかのパイプ椅子。
座れただけよかったけど(ほっ!)

一番後ろとはいえ、とても近い池袋演芸場ですから。


池袋演芸場
平成二十五年正月二之席・昼の部

こみちサン。
この時点で、楽屋には三三さんしかいない。
そしt、三三さん、燕路さん。
小三治一門会みたい。
奇術のアサダ二世さん。
登場して、「今年はちゃんとやりますから・・・。」
と、話しているうちに、上がる時間まであと2分。あと1分。
そこで、ステッキを宙に浮かし、花に変え・・・。
終了!

菊之丞さん。「私はちゃんとやりますから・・・」
白鳥さん。エスニック着物で登場!
楽屋には、さん八さんしか居なくて、長めのおしゃべり。
さん八さん。
「あとが来ていないんですよ。こういうときは、羽織を脱いで袖に放っておく。無くなると、次がきたということが分かるんです」
実際に、こういったシーンに出くわしたのは初めてかも!
でも、言ってしまったから、お客さんが羽織を気にしている。
「次が来るまで、しゃべり続けないといけないので・・・」と演目には入らずに話す。
羽織が無くなったときに、客さんが少しざわめくが、さん八さんは気づかずにしゃべっていました。
ホンキートンク(漫才)、小里んサン。
花緑さん。
雪が15センチくらい積もっています。どことどこの電車が止まっていますと報告。
「テロリストに間違えられた噺」で下りる。
三味線漫談の小円歌さん。
「楽屋で雪談義をしていたら、花緑さんが、ささって上がってくるから・・・」
と、高座で三味線の調子を合わせる。

何だか、スリリングだ!

文楽さんで、仲入り。
禽太夫さん。雪が20センチ積もっています。
文左衛門さん。
「俺、これ最後だから、先に帰ります。早く帰らないと、帰れなくなっちゃうよ!」
市馬さん、猫八ときて

柳家小三治さん。
「家(高田の場馬)から車で来たんだけど、1時間40分くらいかかった・・・」
マクラ短めに、定番の“ひやかし”のマクラで、すぐ落語に入るのかと思ったら・・・
「今日は成人式で、雪ん中、男も女も着物着て歩いている。
 女性は、まぁ草履でも少し高いけど、男は地べたから鼻緒すげたみたいに・・・」
「いい思い出になりますよ。真打と同じで、ゴールじゃなくて、これからなんだから、厳しいくらいの方がいい・・・」

“決死隊”のお客さんにちなんで?
「お茶汲み」

夜の部も、面白そうだけど、
十分満足!
帰れるうちに、と思い、
昼の部の終了で、帰りました。


ほなな
posted by たにぃも at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月17日

《チケット》2013年・小三治独演会、獲得第1号@赤坂

2013年1月16日(水)10:00〜
ローチケ
一般発売開始の落語会のチケット

2013/03/25(月)
みなと毎月落語会 柳家小三治独演会
赤坂区民センター区民ホール


一般発売初日の1月16日(水)
10時15分頃、アクセスできたが
すでに、“予定枚数終了”の表示
ゲットできず。
平日の仕事のある、こんな時間に、
チケットを取る時間を確保することは難しい・・・。
残念。

しかし、諦めてはいなかったのだ。

翌日の17日(木)の昼過ぎ
また、のぞいてみた。
すると“残りわずか”の表示!!!

よし! 急げ!!
そして、ゲット!!!

諦めずに、のぞいてみるもんやねぇ


ほなな
posted by たにぃも at 16:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月18日

《ランキング》この落語家を聴いた@2012

《2012年1月〜12月》

2012年に生で聴いた寄席、落語会は、
全38回(寄席11回。特別興行含む)
平均で、月3.2727・・・回

2011年は、全67回。(内・寄席17回)
月平均、5.58333・・・回

回数が、半分近くに減ったので、変化があります。
その中でも、小三治さんは、独演会にあまり行けなかったけど、
寄席でかせぐ。

去年は、談春さんの「アナザーワールド」何度か行っていたが、今年は無し。
談笑さんも、「月刊談笑」など独演会に行っていない。
志らくさんも、一度も行けなかった。
SWAが無くなったので、白鳥さんは一度も聴いていない?
数人の落語会に出演する鯉昇さん、一之輔さん。
兼好さんや遊雀さんの独演会に、行けなかった。
文菊さんは、新真打で、ランクイン。

《ポイント制》
ポイントの換算の仕方は、ページ下段に掲載。
括弧内は、2012年のポイント数。

柳家小三治___20(23)
(立川談志__4(映像))

桃月庵白酒___14.5(22.5)
柳家喬太郎___11.5(12.5)

瀧川鯉昇____9(9.5)
春風亭一之輔__9(16)
立川志の輔___8(12)
林家彦いち___8(6)

三遊亭兼好___7.5(12)
柳家さん喬___7(3)
柳家権太楼___6.5(6)
柳家三三____6.5(5)
柳家喜多八___5.5(12)
立川談春____5.5(24)
入船亭扇遊___5(3)

古今亭文菊___4.5(菊六)
柳亭市馬____4.5(7.5)
春風亭昇太___4(7.5)
立川談笑____4(11)
橘家文左衛門__4(15)
三遊亭百栄___4

林家たい平___3
隅田川馬石___3
春風亭一朝___3
春風亭小柳枝__3
入船亭扇辰___2.5
柳家ろべえ___2.5
五街道雲助___2
立川こしら___2
三遊亭天どん__2
桂ひな太郎___2

(以下1.5)
三遊亭遊雀(12)
三遊亭歌武蔵(5)
笑福亭由瓶
柳家〆治
柳家小せん(2)
三遊亭きつつき
立川談吉
春風亭ぴっかり
月亭遊方

(以下、1)
古今亭志ん輔、古今亭志ん陽、古今亭菊之丞、三遊亭円蔵、三遊亭歌之介、桂文楽、林家正蔵、春風亭正朝、古今亭志ん橋、柳家小里ん、金原亭伯楽、川柳川柳、柳家さん八、柳家福治、柳家小ゑん、古今亭菊志ん、柳家三之助、柳家さん弥、柳亭左龍、三遊亭時松、柳家我太楼、柳家一琴、三遊亭吉窓、柳家おじさん、立川こはる、立川春太、柳家一九、柳家一左、春風亭正太郎、春風亭朝也、三遊亭柳好、桂枝太郎、柳亭小痴楽、三遊亭笑遊、三遊亭茶楽、三遊亭遊三 など


<ポイント>について…
※面白さの評価ポイントは含まれていません。

独演会(4p)=その人の噺が聴きたくて、目当て行くので高p。

二人会(2p)=人数が少ないので、それぞれの聴きたい度が重要、二席やることが多いp。

その他(1.5p)=3人以上の落語会p。
落語は1席づつだが、それなりの重要度がある。
個人的な聴きたい度の低い人も入ってきますが、世間的バランスもあるのかな?。
そして、独演会の助演(前座ではなく)もここ。

寄席
(1p)=人数が多いので、目当てでなくても、出会う確立は増える。
(2.5)=主任(トリ)は重要である。しかし、他のメンバーによっては…。
posted by たにぃも at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

《小三治》2013年初席3部(全演目)@鈴本演芸場

上野・鈴本演芸場 平成25年正月初席
「吉例落語協会初顔見世特別興行」
新春爆笑特別興行(第三部)

2013年1月1日〜10日

1日 「あくび指南」
2日 「金明竹」
3日 「初天神」
4日 「千早ふる」
 (休演)喜多八
 (休演)市馬
7日 「甲府い」 (私も観覧)
 (休演)市馬「笠碁」
9日 「千早ふる」
10日 「道灌」

※ネット上にある情報を拾っているので、
 間違えがある可能性があります。
posted by たにぃも at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

《小三治》2013・二之席(全演目)@池袋&末広亭

2013年 正月二之席
1月11日〜20日

【池袋演芸場 昼の部】
11日 「二人旅」
 (休演) 花緑「笠碁」
13日 「転宅」
14日 「お茶汲み」 (私も観覧)
 (休演) 市馬「二番煎じ」
16日 「宿屋の富」
 (休演) 市馬「味噌蔵」
18日 「初天神」
19日 「金明竹」
20日 「野ざらし」

【末広亭 夜の部】
11日 「千早ふる」
 (休演)
13日 「転宅」 (私も観覧)
14日 「初天神」
 (休演)
16日 「宿屋の富」
 (休演)
18日 「蒟蒻問答」
19日 「一眼国」
20日 「お茶汲み」


※ネット上にある情報を拾っているので、
 間違えがある可能性があります。
posted by たにぃも at 21:30| Comment(4) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

《映画》映画・立川談志@品川プリンスシネマ

スクリーンで見る高座 シネマ落語&ドキュメンタリー
一周忌追善プロジェクト
「映画 立川談志」


日付:2013年01月21日(月)
 (2012年12月08日より全国順次公開)
開映:18時30分〜
劇場:品川プリンスシネマ シアター7
座席:D列06番

製作:松岡慎太郎、牧村康正、岡崎哲也
監督:加藤たけし
ナレーション:柄本明


出演:立川談志

2011年3月1日仙台市、最後の談志の高座登場場面、
「談志・談春 親子会 in 歌舞伎座」の映像の一部、
松岡慎太郎さんの撮影の映像、など。

「やかん」〜「落語チャンチャカチャン」
(2005年10月12日 国立演芸場)

「芝浜」
(2006年12月02日 三鷹市公会堂)


配給:松竹
上映時間:110分
http://cinemarakugo-danshi.blogspot.jp/
posted by たにぃも at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪落語≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

《感想》寄席の正月は20日まで(1)@小三治

もうすぐ1月も終わってしまうので、
その前に!
正月の寄席興行を、小三治さんばっかり!

初席(1月1日〜10日)は、鈴本演芸場の第三部。
二の席(1月11日〜20日)は、
池袋演芸場の昼、末広亭の夜。
小三治さん、昼・夜かけもち。
休演のよていによっては、どちらかしか行けなかったりもしますが、今回は両方行けました。
今年は、もう一回行ける日程だったけど、私の都合がつかなかったのが残念。

2013年、新年の初・落語。
2013年01月07日(月)
上野・鈴本演芸場 平成25年正月初席
「吉例落語協会初顔見世特別興行」
新春爆笑特別興行(第三部)

前売発売のある三が日の方が、
寒空に並ばなくいいので楽だったけど、予定がつかなかった。
世間的に、この日が仕事始めな感じで、行列のスタートが遅め?
まあ、それなりに頑張って早めに出たので、
いい席が取れました。

さすがに、正月興行、ちょっぱなから曲独楽の紋之介サン。
そして、食いつきは、壽獅子。
これがないと正月気分が味わえません!

持ち時間が少ないとはいえ、
さん喬、権太楼、小三治と揃うのは嬉しい!

仲トリは、さん喬サンの「徳ちゃん」。
さん喬サンの爆笑系演目。

仲入り後は、
はん治サンの目出「鯛」、
権太楼サン、膝を手術したマクラから「町内の若い衆」。
市馬サンは「厄払い」。
そして、紙切りの正楽サン。
私は年男なので、何か切ってもらいたかったけど、
ダメでした。

待ってました!
柳家小三治サン!!
マクラは、浅草演芸ホールの正月興行の様子。
(浅草の見世物小屋の噺から「一眼国」?)
正月は、顔見世興行、1日に100本以上!
お客さんも入れるだけ入れて、暖房が暑くても下げない。
暑くて帰っていくと、また入れる。
「落語が聴けないとか怒っちゃいけないんです。それはそういうもんとして楽しむ・・・」
「一度、経験してみてください」(笑)

そして「甲府い」。
(やった! 昨年、結構かけていた演目。小三治サンで(生では)聴いたことがなかった噺。)
この日の昼は、
国立演芸場(7日トリ)で、同じ噺だったみたい。
終演、20時40分頃。
posted by たにぃも at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする