2012年12月02日

《チョイ出シ》柳家喬太郎のようこそ芸賓館BS11寄席

2012年10月22日(月)18時30分から
メルパルクホール東京(浜松町駅・芝公園駅・大門駅)で、
収録があった
「BS11開局5周年記念特別企画
 柳家喬太郎のようこそ芸賓館 BSイレブン寄席」

2012年12月8日(土)夜8時から
2時間のBS11開局5周年記念特番として、
「BSイレブン寄席」の模様が放送されるようなので、
遅ればせながらちょっとだけ、生の様子をご紹介。

座席は、18列21番。

会場のせいなのか、何か普段の落語会と違った雰囲気。
(あまり落語はやらない会場のようです)
保険のアンケートなんかもあった。
そういえば以前、某生命保険のお得意さんを招待して開かれる落語会に、紛れ込んだことがあったけど、
(落語が好きだということで、チケットをもらいました)
ちょっとにた雰囲気。
そこまではいかないけど、(番組のスポンサーなどの)招待客なんかがいたのかもしれない。
私の席の前の数人は、どうも今回の出演者をあまり知らないようで、
チラシの出演者の紹介などを見ていた。

平日に、ちょっと早めのスタートと言うこともあり
お客さんは不ぞろい。

オープニング・トーク
柳家喬太郎さん。
「ようこそ芸賓館」の支配人のいでたち、はっぴ姿で登場。
かるく、場を盛り上げつつ、
挙手によるアンケート。
「『ようこそ芸賓館』番組を知っている人?」2、3割
「BS11って、テレビ局を知らない人?」半分弱
「落語が初めての人?」4割くらい
と、会場の雰囲気を探りつつ、温めつつ、前座てきな役割を果たしていました。

開口一番で、なんと
三遊亭天どんサン。
普通は、前座、二ツ目さんが出てきて、お客さんの反応を見る部分もあるのでしょうが・・・。
ちょっと、特殊な噺家さんなので、後の人がやりにくそうな感じが・・・。
「初天神」(天どんバージョン)。
落語をあまり知らない人は、
CDやYoouTubeででも、一度聴いてからにすると、
「あの落語がこんなになるのか」と、そんな楽しみ方もできるでしょう。
あっ!
でも、番組のホームページに名前が無かったので
放送では、カットされているかもしれません。


気を取り直して、年の割には落ち着いた感じの
柳家小せんサンの「鷺とり」。
いかにも、「毎度ばかばかしい噺を一席」って感じのネタ。
そして、小せんサンのは、さらり系。

続いては、入船亭扇辰さんは、
お得意の「目黒のさんま」。
こちらは、少しこってり系です。
焼きたてのさんまが食べたくなります。


ここで、目先を変えて
三増紋之助さんの江戸曲独楽。
キャラがいいですね。
こういうのや太神楽なんかは、たれが見ても楽しめます。
寄席に通っていると、いつも一緒だったりしますが・・・。
気分転換に、楽しいもんです。

「只今の協議についてご説明いたします!」
との第一声。
元相撲取りの三遊亭歌武蔵さん。
(武蔵川部屋から歌奴一門へ。で歌・武蔵)
得意の「支度部屋外伝」。
まあ、相撲漫談ですね。
貴闘力と同期で、一勝しています。
「皆さんだったら、一勝もできないんですから」
エジプト出身の大砂嵐(私知りませんでした)などをネタに
さらりと下りる。

そして、仲入り。
(19:54〜15分間)
なんか、ここまでの流れは、落語会というか寄席っぽい感じがしました。
あまり、コッテリ、じっくりしていない感じ、
そして、顔付けが、そう感じさせるのでしょうか。

仲入りごは、
林家たい平サン。
個人的に、好きとか、嫌いとかではないんですが、
この流れからのたい平さんが、少し違和感を感じる。
誰もが知っている噺家さんを差し込んできた感でしょうか。

マクラは、寄席の風景から、やはり「笑点」ネタ。
そして、得意の「湯野番」。
歌舞伎ものまねも入ります。
生で見ると眼力がすごんです。


そして、
紙切りの林家二楽さん。
小手試しあらのリクエスト。
「桃太郎、那須与一、花嫁」
これも、誰が見ても凄いんです。


トリは、支配人でもある
柳家喬太郎さん。
「今日しか聴けないのをやります」
「今日は、ちょっと風邪をひいてしまって申し訳ないんですが・・・」
と、
全員風邪ひきバージョンの「ハンバーグができるまで」
主人公の青年がいつも惣菜しか買わないのに、食材を買って帰るので
商店街のオジサン、オバサンたちは大騒ぎ!!
「まもるクン、死ぬんじゃねぇか・・・」

続きは、自分の目で耳でお確かめ下さい!
私も、録画しなきゃ!!
http://www.bs11.jp/entertainment/1995/


ほなな
posted by たにぃも at 16:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

《CD》あれから1年「SWAのCD・FINAL」発売!

あれから、一年かぁ・・・

「SWAのCD FINAL
 ブレンドストーリー  ― クリスマスの夜に ―」
(2DISCS)

が、発売になりました。
そして、買いました。

2011年12月4日
下北沢本多劇場 収録

私も、
現場にいました。
(ちょっと、自慢!)

デザインは、赤と緑のクリスマスカラー。
(当日のオープニング・トークでも、
 赤と緑のユニフォームを互い違いに来て登場した四人。

そして、SWAのベルト。


帯には・・・

8年間本当にありがとうございました!!
SWAがファイナル公演で見せた渾身のブレンドストーリー。
大きな感動と今までの感謝がつまったラストCDです!!

【必見!!】
ブックレットにはメンバーからのラストメッセージを掲載!!

クリスマスイブの夜、
坂口家三姉妹が巻き込まれる出来事とは?
新作落語の名手たちがクリスマスを舞台に贈る
最後のブレンドストーリー。

Disc 1
1.「青畳の女」 林家彦いち 24:59
2.「想い出芝居」 柳家喬太郎 35:26

Disc 2
1.「砂漠のバー止まり木」 三遊亭白鳥 33:33
2.「パパは黒人」 春風亭昇太 18:31
3.エンディングトーク 5:12

ライナーノーツには

彦いちサンは
「御挨拶にかえて」という題で
「創作落語戦隊SWAレンジャー」の歌詞が書かれています。
1号、2号、6号、4号・・・
「5号ぉ! 3号どこ行ったぁ!」
“彦いち必殺 ざぶとん巴投げの雄姿”の写真入り

喬太郎さんの「いまの事」は、
「もう、済んだことである。SWAは終わった。」
と、はじまり、
「だからこそ、僕は一度、SWAを忘れよう。」
と、終わる。
“ビルの隙間で新しい上下が誕生”の写真入り。

白鳥さんの「過ぎ去りしSWA」は、
とても普通に想い出を書いている。何かちょっと、こっちが照れてしまう・・・。
写真もあり。

昇太さん「あの日の写真」は、
全体的な思い出、8年間の感想が書かれている。
“黒人(ざぶとん)を投げ飛ばす仕草(!?)”の写真と
SWAファイナルの終演後の打ち上げの
携帯で撮った小さな写真が載っている。

ジャケットの中面は、(左から)
彦いちサン(緑の着物)、片膝を立てて、敬礼。
白鳥さん(赤の着物)、正座をして右手を高く上げて手を振っている。
昇太さん(緑の着物)、片膝を立てて、両手は腰に当て胸を張る。
橋太郎さん(赤の着物)、片膝を立てつつも、ちょっと前かがみ。
四人の真ん中には、SWAベルト。

ライナーノーツの裏表紙には、小さく
よみうりホールでの写真。

まだ、見ることが出来るかなSWAのブログ
「SWA! すわぁ!」
http://blog.livedoor.jp/shinsaku12346/

ちょっと、映像がないのが残念、DVDの方がよかったなぁ。
仕草? アクション?
見ていない人にとっては、音だけでは分かりにくいところが、それぞれにある。
彦いちサンの巴投げ、
喬太郎さんの新しい上下(かみしも)
昇太さんも座布団と格闘!
白鳥さんは・・・。


ほなな


《番組》SWAファイナル「新ブレンドストーリー」@本多劇場
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/238692253.html?1355195981

《想い出》SWA Final「新BS」@本多劇場・千秋楽
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/238783173.html?1355196143
posted by たにぃも at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

《感想》柳家喬太郎…BSイレブン寄席@BS11特番

BS11開局5周年特別番組
柳家喬太郎のようこそ芸賓館 BSイレブン寄席

2012年12月8日よる8時から、
2時間の放送。

私は、収録の客席にいたので、
放送されていないところを知っているので、
「こういう編集になるのか」という面白さ。
(まくらが少しカットされていたり、噺家で唯一、天どんさんがカット
 橋太郎さんのオープニング・トークもほぼカット。
 映像はちょっと入っていましたね)

小せんサンが
「(『鷺とり』と)『初天神』とこんなに噺がツクとは思いませんでした」
という部分は、カットされていませんでした。
小せんサンの前に高座に上がった
天どんさんの「初天神」は、正月に見ることが出来ます。

扇辰さんの「目黒のさんま」。
お得意? よく聴く? 噺を披露。

(放送ではカット、三増紋之助さんの江戸曲独楽をはさんで)
歌武蔵さんの「支度部屋外伝」。
この流れなんて、寄席っぽい。
さらりと終わって、仲入りに

たい平サンの「湯屋番」も
けっこうよく聴きます。得意根多!
(そして、二楽さんの紙切り。コレもカット)

そして、この日限定橋太郎さんの
全員風ひき落語「ハンバーグができるまで」。

放送では
落語の合間に「ようこそ芸賓館」のように
(CGではない本当の)楽屋でのインタビューがあって
客席では見えないところでの
噺家さんの様子が垣間見れて楽しかった!
お弁当を食べて・・・!

やっぱり、
テレビで見ても、たい平さんがゲスト感あり?


最後にお知らせ!
この特番で、カットされていた部分
(天どんサンと色物さん)は、元日に放送!

「お正月スペシャル」で放送!
2013年1月1日(火) 20時〜20時54分
(ゲスト:無し)
なんとお正月特別企画として、
12月の放送でお見せしきれなかった
BSイレブン寄席の模様をお送りします!
落語・三遊亭天どん「初天神」、
林家二楽(紙切り)、三増紋之助(江戸曲独楽)!
お正月ならではの顔付! どうぞお楽しみに!


ほなな


《チョイ出シ》柳家喬太郎のようこそ芸賓館BS11寄席
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/299161555.html

《番組》BSイレブン寄席@メルパルクホール東京
http://boss-tanymo.seesaa.net/article/298580692.html
posted by たにぃも at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

《TV》年末年始・柳家小三治一門会、他@落語番組

地上波では、好例の落語・演芸番組があります。
NHKや「笑点」の大喜利祭り、「東京スカイ座スペシャル」など
他にも注目の番組が!

DVD「落語研究会 柳家小三治大全」発売を記念
落語研究会番外編 柳家小三治一門会

DVDは買っちゃったけど、
落語会には行けなかったので、うれしぃ!

BS−TBS
2013年1月1日(火) 午前8:00〜9:54
CS TBSチャンネル2
2013年1月1日(火) 午前10:00〜ひる12:00

1.落語:「高砂や」柳家三三
2.落語:「死神」柳家小三治
3.座談:柳家小三治、柳家三三、柳家三之助、阿川佐和子(進行)
【収録日:2012年12月13日 赤坂BLITZ】


元日のTBSチャンネル2は、
《元日落語 24時間スペシャル》
午前10:00からの『落語研究会番外編 柳家小三治一門会』を皮切りに、
24時間ぶっ通しで落語番組をお送りします。
どうぞお楽しみに!

とはいっても、
過去の「落語研究会」BS、CSバージョンを続けて放送。
「落語特選会」の圓生さんも!


時代劇専門チャンネルオリジナル番組
「落語時代vol.2」
出演:柳家喬太郎/古今亭志ん陽/古今亭文菊/柳家小菊/品川隆二(トークゲスト)ほか
★前編・後編の2回にわたり放送!
【前編】
柳家喬太郎「小政の生いたち」/古今亭文菊「七段目」/
柳家喬太郎・品川隆二対談
【後編】
柳家喬太郎「抜け雀」/
古今亭志ん陽「熊の皮」/柳家小菊「粋曲」ほか

2012年12月29日(土) 21:00
「落語時代」(2012年6月放送分の再放送)
【演目】
柳家喬太郎「路地裏の伝説」「井戸の茶碗」
春風亭一之輔「初天神」
林家正楽「紙切り」

BS11
《年忘れ落語年忘れスペシャル》
12月31日(月)夕方5時から4時間一挙放送!
【第1部 】
「談志の芝浜 〜証言からの真実&テレビ初ノーカット一席」
【第2部 】
「今どき落語 特別編 円楽・昇太・志の輔・一之輔 夢の競演」

BS 日テレプラス
2012年12月31日 8:30〜13:30
「らくらくゴーゴー」の一挙放送
#1〜20

2013年1月11日(金)新作スタート
#21〜
毎週金曜日16:45〜(2話連続放送)

WOWOWでは
2013年1月3日(木)13:00〜
2012年の「志の輔らくご in PARCO」
(新作、新作、古典。映像がある方が、楽しいね!)

主なところは、こんな感じです。


ほなな
posted by たにぃも at 19:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月31日

《チョイ総括》2012年の落語生活

今日で、2012年も終わり。
実家へ帰る前に、ちょっとだけ今年のまとめを。

2012年に生で聴いた寄席、落語会は、
全38回(1〜12月)、12月は、0回。
(寄席11回。特別興行含む)
平均で、月3.2727・・・回
(空席にしてしまったチケットは4枚。
 は、含まず)

昨年は、全67回。(内・寄席17回)
月平均、5.58333・・・回

という訳で、
昨年に比べると、半分近くに減っている。
でも、月に三回でも、隔週で落語を聴きに行っているわけで
映画や演劇にも少し入っているし、
月五回だと、休みの日はほとんど落語。
2011年がピークで、
ちょっと落ち着いてきた感じでしょうか。

2013年は、どうなるでしょうか。
休日と、落語会のタイミングの問題もありますが、
まあ、今年くらいか、さらに押さえ気味になるのか、
分からないですが、
小三治さんがメインで、
いろんなところへ足を運びたいと思います。
正月は、当日売の上野、末廣亭、池袋、
そして、志の輔らくご in PARCO 2012があります。

来年も、よろしくお願いします。


ほなな
posted by たにぃも at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする