2012年09月03日

《感想》鯉昇・喬太郎二人会@古典こもり(七)

2012年8月27日(月)
瀧川鯉昇・柳家喬太郎 二人会
「古典こもり その七」

私は、「古典こもり」二回目。
2008年以来、
行こうと思っても日が合わないって感じですね。

会場は、何度か来ている
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール。
座席は、14列7番。
この会場は座席に傾斜があるので、
前の人の頭も邪魔にならずに、見やすく、高座が遠く感じない。

開口一番は、鯉昇さんのお弟子さんで
瀧川鯉和さん「子ほめ」。
ハッキリした口調で、聴きやすい。
はじめはちょっと、緊張気味?
客さんも、まだ、入れていない?
でも、だんだんと調子が出てきて、会場にも笑いが。

そして、出囃子「鯉」が聞こえてくる。
まず、瀧川鯉昇さん。
座布団の上で足場を固め、正座をして、頭を下げる。
扇子の位置を前から移動させ、顔を上げ、会場を見渡す。
ギョロッとした大きな眼。
(思わず会場から笑い声が漏れる。)
そのあたりで、鯉昇さんも白い歯を出して笑うと・・・
(さらに会場から笑いが・・・)
「えぇぇ・・・」
(一言も話さないうちに笑いを取る噺家さんが、他にいるだろうか?)

いつものように、ゆるゆると小話のマクラが始まる。
せっかちだった柳昇師匠とのご自分の結納のときの話。
からの「持参金」。

この噺は、生であまり聴いた記憶がない。
(記録を調べると、一度だけ)

急遽、借金を返さなければいけなくなった不精な男のところに、嫁を世話してくれるという話がくる。
しかも、持参金付き!
そんな話があるはずがない、と思ったら、やっぱり“キズ”がある・・・。
と、お嫁さんの容姿などを説明をするが、これが凄いんです!
もともとの噺が凄いんですが、
鯉昇さんのはさらにパワーアップ!
さすが鯉昇さん!!

つづいて、柳家喬太郎さん。
「小児は、白き糸の如く・・・」と、
子供が出てくる噺の定番マクラにいきなり入る。
そして、「初天神」をサゲまで。
寄席の合間でよく聴く噺ではありますが、
サゲまで聴けることは、あまりない。
喬太郎さん独特の変更点は特にないんだけど、
クスグリと奇声を発する子供を聞けば、はやり喬太郎さん風!

喬太郎さんで「初天神」の凧揚げのラストまで聴けて、
ちょっと嬉しい。
“古典落語の会”ならでは、って感じでしょうか。

仲入り後、
柳家喬太郎さん、再登場!
FMの番組をやっていて、そのナレーションを熊倉一雄さんがやっている。
「何がってことは分からないんですが、子供心に“ケペル先生”の声が怖かった・・・」
と、ナレーションをやってもらうことになったエピソード。
(私は、喬太郎さんとあまり年齢的に変わらないんだけど、“ケペル先生”がピンとこないのでした)

そして「饅頭怖い」。
わりと軽めの古典を二席ですね。
トリじゃないからでしょうか。
でも、よく聴く演目だと、他の人との可笑しさの違いがわかって面白い。

再び、瀧川鯉昇さん。
やっぱり、何も話さなくても、ちょっと可笑しい。

「へっつい幽霊」は、1度聴いている。
鯉昇版というほどの工夫はされていないけど、
大阪から引っ越してきた男が登場する。“へっついさん”を買って、返しに来る。
そして、「全額返すから、事情を話して欲しい」と言われ話すのがその男。
関西出身の私が聴いても、大阪弁がけっこう上手い。

やはり、鯉昇さんには、独特な可笑しさがあります。

21時31分終演
posted by たにぃも at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

《感想》志の輔noにぎわい@古典二席

2012年08月06日(月)

横浜にぎわい座八月興行
志の輔noにぎわい

座席は、2階や列15番。
2階席の高座へ向かって左側内側(前列)の後方(内を向いて右側)。
(この説明で、分るのだろうか?)

まずは、前座の立川志の太郎さん。
「えぇー、知っているのに・・・すいません。
 知らないのに、知っているふりを知る、知ったかぶり・・・」
(私は、まだ何も話していないのに、何を謝っているんだ。って感じでした)
いきなりマクラの出だしで間違えて(逆に言ってしまって)、
場内、大爆笑!!
「転失気」

立川志の輔さん
連日、オリンピックが盛り上がっている。
あんなに名場面ばっかりつなげて放送されると、見ていて疲れてしまう。
採点の基準について。
芸術点という不確かなものは止めて、1センチ高い、1秒早い・・・だけにすればいい。
曖昧なもので採点をするから、いろんな裏工作がでてくる。
価値観が違うのだから。
あるアメリカのジョークを例に出して、
「このジョークの何が面白いのか!」
小話、ジョークを少々。
(家元の事を思い出してしまいました)
あっ! そういえば、日本の技術は凄い! ってことで
洗える着物の話もしていました。
洗える着物っていっても、そんなに安くは無いんですよ。とも。

江戸っ子の価値観の噺。
「三方一両損」
落し物を届けられて、「いらねぇ」と突き返す。
そこから、巻き起る騒動。
それを裁くお奉行も、自分の裁きにご満悦!
しかし、裁かれた方は「何が?」という感じ。

仲入り後、寒空はだかサン。
(歌うスタンダップコミック)
初めて見ました。

先日、一之輔さんの「サンフリ」(ポッドキャスト)で聞いた。
「タワー、タワー、東京タワーに行っタワー」の人。

「名前の割に、普通なんです・・・」
と自虐ネタ。
微妙な感じを醸し出す、ひとり漫談。
「スカイツリー」の唄も披露。

再び登場の立川志の輔さん
マクラは無しで、噺にはいる。
「唐茄子屋政談」ということで、本日は、古典二席。
この噺は、何とも切ないラストですが、
志の輔らくごでは、最後に母親が死なないのが救い。

正月以来の、志の輔さんでした。
posted by たにぃも at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

《CD》続・アニメンティーヌ@クレモンティーヌ

クレモンティーヌ の
「(続)アニメンティーヌ ~Bossa Du Anime~」
アニメソングのボサノバ・カヴァーの第二弾!

1. 宇宙戦艦ヤマト
 (アニメ「宇宙戦艦ヤマト」OP)
2. ゲゲゲの鬼太郎 (続アニメンティーヌ・ヴァージョン)
 (アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」OP)
3. アンパンマンのマーチ
 (アニメ「それいけ!アンパンマン」OP)
4. さんぽ
 (アニメ映画「となりのトトロ」主題歌)
5. 残酷な天使のテーゼ
 (アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」OP)
6. ワイワイワールド
 (アニメ「Dr.スランプ アラレちゃん」OP)
7. 銀河鉄道999
 (アニメ「銀河鉄道999」OP)
8. Get Wild
 (アニメ「シティーハンター」ED)
9. お料理行進曲
 (アニメ「キテレツ大百科」OP)
10. おしえて
 (アニメ「アルプスの少女ハイジ」OP)
11. 歩いて帰ろう featuring 斉藤和義
 (「ポンキッキーズ」OP)【Bonus Tracks】
12. およげ!たいやきくん
 (「ひらけ!ポンキッキ」オリジナルナンバー)【Bonus Tracks】
13. 天才バカボン(サントリー「ALL-FREE」TVCM曲 雪の温泉篇60秒ヴァージョン)
 (アニメ「天才バカボン」OP)【Bonus Tracks】

※【注】「(続)アニメンティーヌ」にも、同じタイトルで、曲順と内容が少し違うものがあるようです。

以前に少し紹介した“ボッサ・バカボン”の
1作目「アニメンティーヌ ~Bossa Du Anime~」に比べて、
インパクトの強い曲、というか、原曲とのキャップが強い曲が少ない気がする。
そして、少し新しい曲が多い。
(キテレツの曲は、知らなかった)

とはいえ、
一曲目は、「バイバイ〜」から始まる、ソフトな「ヤマト」。
続いて、“ゲゲゲのボッサ”。
“ワイルド”に感じない「ゲット・ワイルド」。
「おしえて」は、フル日本語。
「歩いて帰ろう」は、ご本人登場! featuring 斉藤和義。
しかも、フランス語。 ってイイんだか!?
最初、曲は知っている、口ずさめるのに、何の歌か浮かんでこなかった「たいやきくん」。
など、楽しんで癒されます。
(「ルパン三世」が無いのが残念! とっても、個人的な感想。)

他にも「アニメンティーヌ」のベストや「バラエティーヌ」なんてのもあります。
そして、カヴァーだけじゃない、クレモンティーヌ。

「アン・プリヴェ 〜東京の休暇」もいい!
クレモンティーヌの日本デビュー作。井出靖のトータル・プロデュースの下、当時渋谷系といわれた小沢健二、田島貴男(オリジナルラブ)、ゴンチチ、高浪敬太郎などが楽曲を提供。


ほなな
posted by たにぃも at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

《落語》また、空席にしてしまった・・・

また、予定をしていた、
チケットを取っていた、落語会に行けなかった。

しかも、「柳家小三治 一門会」。
(2012年9月9日(日)@草加市文化会館)
早いうちから、そうなることが分かっていれば、
しかるべき、手をうつのですが、
前日の夜9時頃に、仕事に出なければんらなくなった。
夜の開演なら何とか、
遅刻してでも行けたかもしれないけど・・・。

これで、今年に入って
「柳家小三治 一門会」を二回すっぽかしてしまった。
ほかにも、二回分の行けなかったチケットがある。

今年は、まだ、三ヵ月以上残っているのだけど
過去最高の枚数の空席をつくってしまっている。

最近、小三治さんの独演会にも日が合わなくて、
日曜の昼は、行けない可能性があるにもかかわらず
日曜の昼でもチケットを取ってしまっているところもあるんだなぁ。
昨年出演が無かった、
今年の池袋演芸場・8月上席昼の部・小三治主任にも、
行けなかった・・・。

昨年までより、
今年は忙しいという理由があるんですが・・・。
仕事、すっぽかして落語に行っても楽しめないしねぇ・・・。


ほなな
posted by たにぃも at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徒然に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《番組》彦いち落語組み手・十@北沢タウンホール

彦いち 落語組み手 十

日付:2012年09月10日(月)
開演:19時00分〜
会場:北沢タウンホール(下北沢)
座席:H列5番

ご挨拶:林家彦いち
(私服、七分丈のパンツ、シャツ。アウトドアファッション)
野田知佑と川下りが〜円朝まつりで“いたわり”


三遊亭天どん
「ひと夏の経験」

林家彦いち
「何があったんだ」

瀧川鯉昇
「そば処 ベートーベン」

〜仲入り〜

林家彦いち
「鮑のし」

アフタートーク:彦いち・鯉昇
(鯉昇さんの無言〜寄席での楽しみ〜柳昇師匠の教え、など)


〜21時19分:終演
(お囃子:恩田えり社中)
posted by たにぃも at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪落語≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

《感想》サルベージ・マイス@DVD

サルベージ・マイス
−Salvage Mice−

映画の公開時に見たいと思っていたのだけれども、
見ないまま終了。
そんなわけで、レンタルしてきました。

有栖川真唯(谷村美月)は、マリク(佐藤祐基)と組んで、
“サルベージ・マイス”として活躍していた。

“サルベージ・マイス”とは、
(salvage 【救助、救出】、mice 【ねずみ mouse の複数形】)
かつて不当に奪われた美術品を救い出し本来の場所に戻すことを目的とした窃盗をする義賊。

しかし、マリクの裏切りにより“怪盗マイス”として指名手配されてしまう。
そこに、からんでくるのが
舞台となる広島の自警団「広島クリーンズ」団長で、
広島をこよなく愛する空手女子高生の美緒(長野じゅりあ)。

相棒の裏切り、そこに現れた正義感が強い空手少女・・・。

ちょっと気になる女優の谷村美月さん。
“アクション”はというと、ちょっと微妙なところはありますが
自然体の演技と、ダンスの様にひらひらと、笑顔だったりするマイスの戦いっぷりがイイ。
そして、オーデションで選ばれた、本物の空手少女・長野じゅりあチャン。
演技はさておいて、初々しくて、力強い空手アクションが決まってます。
この二人のコンビネーションが、面白い。
じゅりあマウスは、黒のジャージの“広島限定バージョン”、そして“全国バージョン”がありマウス。
これは見てのお楽しみ! チュー、チュー!
悪者の方にも空手少女がいて、じゅりあチャンとの一騎打ちも、お楽しみ!

そして、広島オールロケで、ご当地映画感まるだし、
原爆ドームはもちろん、テレビ局(制作にも関わっている)や路面電車など
私は、広島の事はよく知りませんが、分る人にはわかる場所なんでしょう。
自警団の面々があつまるのは、お好み焼き屋。
ここの店長役は、宍戸開さん。

時間は84分とお手頃。
コンパクトに、まとまっていてダラけずにちょうどいい感じの長さ。

すこしスタッフ紹介。
監督:田ア竜太
(「平成仮面ライダー」シリーズ。通算10作目の劇場用作品、『sh15uya』以来通算2作目の完全オリジナル作品)
脚本:田口恵
(『牙狼-GARO-』、『ケータイ捜査官7』)
プロデューサー・アクション監督:西冬彦
(『黒帯 KURO-OBI』、『ハイキック・ガール!』、『KG カラテガール』)
音楽:安川午朗

そして、たまたまの“ももクロ”情報。
ももいろクローバーZがエンディングを歌っている。
主題歌:「BIONIC CHERRY」ももいろクローバーZ
挿入歌:「CONTRADICTION」ももいろクローバーZ(予告編のみ流れる)

怪盗少女の映画に、怪盗少女なエンディングが、ピッタリハマってます。
気楽に、ほっこり見れるアクション映画です。


ほなな
posted by たにぃも at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

《感想》鯉昇・市馬・兼好@あつくるしい落語?

もう、秋になろうとしていますが・・・
細かいところは、覚えていないので、ザックリと。

2012年07月23日(月)
19時00分〜

瀧川鯉昇・柳亭市馬・三遊亭兼好で
あったか落語、ぬくぬく。その弐

会場は、成城ホール。
座席:G列9番
開口一番:柳亭市助「狸札」(〜19:15)

三遊亭兼好さん
この日は、まだ過ごしやすかったが
「あったか落語、ぬくぬく。」二回目。(私は、初めての参加)
一回目は、冬だったから良かったが
夏だからといって、「ヒンヤリ落語、さむざむ」では、落語には似つかわしくない・・・。
会場の温度も少し温かいくらいがいい。

釣りの話〜「野ざらし」
基本的には、他の人と同じなのだが、そこここに、兼好さんらしくなっている。
最初っから、軽ぅ〜い「野ざらし」
「市馬師匠の前で、歌を歌っちゃった」
そして、サゲがオリジナル?
(普通聴くのは、幇間→たいこ→太鼓(馬の革)馬の骨)
釣りから骨探しの流れが独特。初めて聴いた?

 釣り針を外しすと、
「それじゃあ、魚が釣れないよ」
「俺は魚を釣りにきたんじゃない。骨(コツ)」
「それじゃあ、あっちにいっぱいあるよ」
「ほんとだ・・・」
 供養した骨は、髭面の男。
「何で、つれないんだ」
「釣り竿は捨ててきた」


瀧川鯉昇さん
いつものように、ふわっふぁと小噺をいくつかやって
「船徳」
徳さんは、質屋の若旦那という設定という意外
他の噺家さんがするのとは、大きく違いはないけど
あの顔で、あの感じやると、これが可笑しい。
どんな時も、マイペース。
サゲは
「何で、船と客を流すんだ?」
「親が質屋なんで」

仲入り後は、
柳亭市馬さんで、「鰻の幇間」
大らかでありながらも、とぼけた幇間。
旦那が厠へいって独り言、そして唄も歌う。
「野ざらし」の歌も披露。
「下手な歌を聴いたから、我慢できなかった・・・」
王道でありながらも、こんなところで個性が顔を出す。

あんがい個性的で、暑苦しいくらい?
でも、気持ちが
“あったか、ぬくぬく”になる落語会でした。


ほなな
posted by たにぃも at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする