2010年12月01日

なまはげ来年、1月@門松落語の予定居酒屋(赤ちょうちん)

さて

上野・鈴本演芸場
正月初席
「吉例落語協会初顔見世公演」
新春爆笑特別興行
第3部 柳家小三治
出遅れてしまって、1、2、3日は売り切れ。
1部、2部は大丈夫だったのに。
4日しかとれなかった。
9、10日は、演芸場でしか買えな指定席やいし。


志の輔らくご in PARCO 2011
第一希望が、とれました。


よってたかって新春らくご
〜21世紀スペシャル寄席ONEDAY〜
柳亭市馬・三遊亭白鳥・桃月庵白酒・柳家三三
よみうりホール


道玄坂落語会
〜白酒 初春の会〜
《出演》桃月庵白酒
《ゲスト》柳家喜多八


まだ、不確定なのが

新春恵比寿寄席
『柳家喬太郎・橘家文左衛門 二人会』

新宿末廣亭
ニノ席
おそらく、主任・小三治


んー、どうしょう。
posted by たにぃも at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月02日

談笑@メドレー落語怒り(ムカッ)「小言幸兵衛・改」〜「寝床・改」マイク

メドレー落語の夕べ
演目「堀の内の釘」を見て嬉しくなりました。
ぜひ、聴きたい! って思いました。

やっぱり、行ってよかった。
爆笑に次ぐ爆笑で、もう疲れるくらい。

細かく書くときりないので、ザックリと。
マクラも省略。


談笑
「小言幸兵衛・改」〜
「寝床・改」

別々に出来てきたもののようですが、
主人公が同じで、メドレーに。


「小言幸兵衛・改」
あらすじ
テナントビルのオーナーが主人公。
1階には店舗、
ハンバーガー店・Mc、コンビニ7・11、ドラッグストア・MK(この辺は実名)、
そして、リサイクルブティック、空き店舗がひとつ。
掃除の仕方がなってない、においがキツイ、
ハンバーガーとおでんのにおいが混ざってくさい、
店名(オーナーの名前が、マツモトキヨシ)が紛らわしい、
さらにブティックのお香の臭いまで・・・
などなど怒り(ムカッ)小言言い放題!

元ネタ通り、初めは無作法な奴がやってきて断る。

二人目は、キッチリしているので貸す方向に行くのだが
これも元ネタ通り、妄想が広がり二人が心中することになるからダメだ、と。
でも、その妄想も
「出来ちゃった結婚」「夫婦共働き」など現代なら切り抜けられる、と
妄想が成り立たなくなりこまるが、さらに強引に理由をあげつらう・・・

そこへまた別の威勢のいい男が、入社を迫る。
「道理でぽんぽん言っていたわけだ」

・・・・・・

ところで、今日はマイクリサイタルがあるんだ。
(これが、流し込み)

「寝床・改」あらすじ
オーナーのカラオケ・ワンマンショー
これも、元ネタの現代版という感じで進みます。
巨大なスピーカーが4つあって、その音の交わるところにいた人が
赤い霧となって、消えてしまったとか・・・

「寝床」のように、なんだかんだと初めは断るお店の人たち。
しかし、結局、参加することに。

「みんな低くなれ! 伏せろー!!」
ピンクレディーの「ペッペー警部」が始まり、「ピンクレディー・メドレー」かと思いきや
次に、沢田研二の「片手に ピストル・・・」、
「阿久 悠メドレー」? 3000曲以上!!・・・

解除は「プライベート・ライアン」の戦場よう。

子どもが一人泣いている
「あそこが私の寝床なんです!」
「そんなんじゃ、落ちないよ。 帰れ、帰れ!!」

「そんなもの私一人で充分だ。
 個別の案件については具体的なコメントは差し控えさせていただきます」


この辺で、ご勘弁を。
中入り後に、続きます。


ほなな
posted by たにぃも at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月03日

談笑@トラックメドレー落語ゴメン/お願い「堀之内の釘」の長屋の泣き笑い・・・

中入り前でも、
けっこうな満足度。

しかし「堀の内の釘」が待っている!

基本は、
「粗忽の釘」+「堀の内」だけど
かなりのチャンチャカチャンぶり。

「おっかぁ、足が片っぽ短くなっちまった」
『堀の内』の導入。
しかし
「明日、お参りに行くから早く寝よう」
というと
「それよりさあ、今日は引越しなんだから・・・」
と、『粗忽の釘』に

そして、箪笥を担いで、行ったんのせた薄型テレビは下ろして
出て行ったのはいいが、お題目を唱えながら歩き出す。
「あのぉ、私どこ行くんですかね」
「難しい質問ですね。でも、堀の内へお引越しですか」
と言われ、堀の内へ向かう。
お参りをして
「ここで、弁当使わせてもらおうかな」と、箪笥を下ろし
「なんだきょりゃ! おっかぁそそっかしいんだから」
と家に戻る。

再度引越しのしなおしだが
今度は、浅草方面に行ってしまい、人だかりを見つける。
「何やってんですか?」
「いき倒れだよ」

箪笥を担いだまま「粗忽長屋」!

噺が、どう転んで、進んでいくのかワクワクする。

けど、説明は難しい。
やっと、引越し先について、隣の家で一服していると
「何だこれ?」
と、キセルで何かを手繰り寄せる
「芝浜」など、もう盛りだくさん。

最後、釘を打ち込むのも、
八寸の瓦っ釘を一本どころではなく、
現代のコンプレッサー式ので、
スパッン スパッン スパッン スパッン スパッン スパッン!
阿弥陀様は、御想像にお任せします。
(〜21時12分頃)

大笑いをして、疲れるくらい。
談笑さんも、
引越しの噺だからではなく本当にへとへとになってまいた。

再び、洋服に着替えて談笑さんが出てきて、
汗をふきふき対談。

別冊付録『談笑に訊け!』
聞き手:広瀬和生

いやー! 予想通り、楽しい落語会でした。


ほなな
posted by たにぃも at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

遡って更新(UP!)アップ、2007年3月

2007年3月と少し、終了。

今見ると、恥ずかしいのもありますが、
ほぼそのままです。

この時期の流行りもの、
落語や着物への興味の経緯がわかって
懐かしい!

他人が見て、どうなのかは分かりませんが


ほなな
posted by たにぃも at 12:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 自己紹介もどき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【落語】瀧川鯉昇@芝浜

2010年11月29日(月)
第5回楽橋亭 瀧川鯉昇独演会
鯉昇の芝浜を聴く

内幸町ホールは、いろんな落語会が開かれているのですが
初めて!
直接メールで申し込み、当日受付なので、チケットを持たずに並ぶ。
初めてなので、何か不安。


座席は、二列目、真ん中ブロック右端(B列10番)

開口一番:鯉ちゃ「やかん」
「こいちゃ」と読む。
名前の割に、見た目は普通。
師匠がインパクトがあり過ぎるのかもしれませんけどね。
見た目が普通だから、名前がちょっと変なのかな。
これも、師匠の愛?

出囃子『鯉のぼり』
鯉昇さん、のらり、くらり、とたっぷりマクラ。
「肥がめ」
こういう噺は、ピッタリやね。
貧乏体験者だし、実感こもってる?

仲入りに入るのが20時過ぎ

出囃子「毬と殿様」にのって、弾むように登場
彦いちさん。
「大好きな先輩と一緒に出れて、“助演”何て書いてもらってうれしい」
「でも、もう高座を降りる時間なんですが、少しだけ」
学校寄席でのマクラ
「こ・わ・いぃ〜」
「か・わ・い・いぃ〜」
「ありえなぁいぃ〜」
と、未体験の掛け声のマクラ。
「掛け声指南」かと思ったが、違いました。
「時間ないとか言いながら、こいつなにダラダラ喋ってんだ、
と思って言うかもしれませんが、落語は短いのでご安心ください!」

学校のマクラということで
「熱血怪談部」
体育会系の落語の多い彦いちさんですが、そのひとつ。
文化系のクラブに、体躯教師がついたら。


再び、出囃子『鯉のぼり』
この曲好きです!

鯉昇さんの人情話は聴いたことが無い気がする。
「芝浜」
持ちなれない大金を数えるあたりの慌てっぷり、とりみだしっぷりは、
鯉昇さんらしくて可笑しい。

仲間を呼んで、ドンチャン騒ぎ、
その時に転んで、ちゃぶ台の上に倒れる。
ちゃぶ台の足が、一本折れてしまう。

「こっちは本当で、財布は夢?」

「それ以来、すっかり心を入れ替えて仕事に精を出す・・・・・・

 と、いけばいいんですが、人間なかなかそうはいかない。」

ワンクッションとって、笑いをとる。

「しかし、部屋の真ん中にある“足の折れたちゃぶ台”
それが、ふっと目に入り、気を取り直して働く。
そんなことを繰り返すうちに、三年が・・・」

全体にあっさり目で、おかしさプラス。
こんな「芝浜」もいいもんです。


ほなな
posted by たにぃも at 20:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

12月20日@書き込み停止

2011年3月、
ブログサービス停止。怒り(ムカッ)

それにともない
記事・コメント投稿機能が停止。
他ブログへの移行機能の提供開始。怒り(ムカッ)顔2(おこったカオ)


ということで
書き込み停止前に、引っ越し先が確定しません。怒り(ムカッ)顔2(おこったカオ)怒り(ムカッ)

一応、Seesaaブログへ引っ越すつもりです。
タイトルはそのまま
「スキマに一寸、落語や着物」
最近、着物について、あまり書いてませんが…。


ほなな
posted by たにぃも at 18:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 徒然に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

2010年12月06日(月)【ひとり芝居】

イッセー尾形のこれからの生活
2010 総決算inクエスト


会場:原宿クエストホール
開場:18時00分
開演:19時00分〜
座席:I列16番

演出:森田 雄三
出演:イッセー尾形

飲食:あり


ジュテーム
ブラスバンド部の女子中学生

似てない
ビートルズのコピーバンド

三越のリニューアル
“三越の帽子”を買いに来たオバちゃん

教授のお受験
朝食バイキング

コピーライター社長
全国温泉地&和菓子ネーミング

田舎の
薪割り・尺八おじいちゃん

大道芸
天草五郎〈完結編?〉

シャンション歌手ひとみチャン
北のウクレレリサイタル
「幸あれ!」


〜21時20分:終演
posted by たにぃも at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪その他≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする