2010年11月13日

「Q10」第4話@志ん生「唐茄子屋政談」に学ぶ

第4話
学校の帰りに、デジタルプレーヤーで何かを聴いている
Q10(前田敦子・AKB48)。

そこから聞こえてくるのは、古今亭志ん生の落語。
「シャベリカタガ、ヘンダトイワレタノデ、
らくごデ、ベンキョウシテイマス。」
(時代劇で、日本語の勉強する外国人か!?
 そういえば1話では、時代劇を見ていた)

進路を書いて提出する用紙を
なかなか書けない深井平太(佐藤健)に
「ワ・カ・ダ・ン・ナ…」
「おてんとうさまと、米粒は
 ずっと自分についてくるとおもってるんですか?」

「おてんとうさんはついてきても、米粒はついてきやせんぜっ!」
と、鼻をこする。
(CDを聴いていて、何で、江戸っ子の仕草を?)

平太の一言で、涙をこぼしたQ10
「わかだんなが、ごむたいなことを…」
「わかだんなは、チョー人の情けの分からないお方です」

道端で、自作のフィギアを売る少年に
「そこのわけぇの、そんな小さな声じゃ売れねえぜ
 かってくれそうなやつ、つれてくるから待ってな」
と、二次元オタク・中尾順を連れてくる。
「おぉ、クオリティは低いが、ポイントを押さえているぅ」
と、買いあさる順。

二つだけ残し
「これは、てめぇで売りな、これなら売れるだろぅ」

ストーリーも「唐茄子屋政談」が下敷きになっている。


木皿脚本だから見ていて
出演者には、そんなに期待していなかった。

前田敦子も、ホンマに去年の一番? なんて思っていたけど
Q10は、最近可愛く思えてきています。
そして、前田敦子は
オタクが好みそうなポイントがあるなぁ、
と感じています。

蓮佛美沙子がなかなかイイし

可愛いけど、性格がイケてない河合(高畑充希)。
「セク・ロボ」のエンディング歌ってたんや。
(「セクシーボイスアンドロボ」も木皿泉ほかの脚本)
「セク・ロボ」のサントラは持っているけど、
 エンディング入っていないし。

コメディエンヌな薬師丸ひろ子が、いい。


サントラのブラス系の音楽が好き。
聞きおぼえがあると思ったら
米米クラブで、ビッグ・ホーンズ・ビー だったとは。

サントラ欲しいな。


と、結構おいに入りになっているドラマ「Q10」
これからも楽しみにしたいと思います。


ほなな
posted by たにぃも at 17:28| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする