2010年10月01日

CD/DVDボッサ@なるとバカボンギター(エレキ)

突然ですが

なると三浦友和さんとなると榮倉奈々ちゃんが
頬っぺたになると渦巻きを描いてゆったり座っている。
そのバックに流れる
「…ボン ボン バカボン バカ ボンボ〜ン」
テレビCMで聴いたことありますか?

その曲が入っているのがこれ
他の曲もいいですよ。


アニメンティーヌ 〜Bossa Du Anime〜
歌:クレモンティーヌ

1. ラムのラブソングビキニハート (アニメ『うる星やつら』OP)
ちょっとゆったり、ボサノバになっても違和感なし。
好きよ、モナムール。何だか色っぽい。

2. バカボン・メドレー日の出着物なると
こんなに癒される
「ボン ボン バカボン バカ ボンボン」
聴いたことがない!

3. 崖の上のポニョ熱帯魚 (アニメ映画『崖の上のポニョ』主題歌)
歌詞に擬音が多いと、同じ部分が増えるので分かりやすい。
ちょっと色っぽいポニョです。

4. おどるポンポコリンダンス (アニメ『ちびまる子ちゃん』OP)
ラテンノリのポンポコリン。

5. 風の谷のナウシカ (アニメ映画『風の谷のナウシカ』)
ボッサ・ナウシカ

6. はじめてのチュウキスマーク (アニメ『キテレツ大百科』ED)
7. ロマンティックあげるよ 占い(アニメ『ドラゴンボール』ED)
もともとあまり馴染みのない曲ですが、世界観が別物です。
これはこれで、可愛らしい仕上がりになってます。


8. サザエさん・メドレーふぐうっしっし(ネコ)ダッシュダッシュ マラソンダッシュ
フレンチ・ポップなサザエさん。

9. ドラえもんのうたハンバーガー(ファーストフード) (アニメ『ドラえもん』OP)
「ハーイ! タ・ケ・コプター」
聴いてください。

10. とんちんかんちん一休さん指差し確認右顔2(おこったカオ)指差し確認左 電球(アニメ『一休さん』OP)
これは? 曲名を見てもピンとこなかったくらいの変わりよう。
“Mr.One break”って!
最後には「イッキューサン」って歌ってくれた!

11. タッチ野球ボール (アニメ『タッチ』OP)
12. CAT’S EYE きりり(ネコ)目がハート(ネコ)にこ(ネコ)(アニメ『キャッツ・アイ』OP)
何だか、
アンニュイな「タッチ」に「キャッツ・アイ」。


「ウクレレ・フォース スター・ウォーズ ベスト・カバーズ」
以来のヒットです。
ぜひ聴いてみてください。


ほなな
posted by たにぃも at 17:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日

アニメ監督@今敏

先日、「トップランナー」の再放送があった。
今敏(こん・さとし)氏。

ぜんぜん知らなかった、亡くなったなんて。
追悼の再放送ビックリした。

現在のMC、箭内道彦さんと田中麗奈さんが挨拶したと
2005年2月20日放送のものを放送。
当時のMCは、武田真治さん、本上まなみさんでした。
本上さん、いいなぁ。
麗奈ちゃん、ちょっと物足りない。

私は、確か、はじめてみたのは
「東京ゴッドファーザーズ」でした。
その後「パーフェクト・ブルー」と「千年女優」を見た。
そして「妄想代理人」が放送され、DVDで少し見て。
「パプリカ」も見ました。

個人的には
「東京ゴッドファーザーズ」くらいが好みです。


今後の放送予定は

MAG・ネット
〜マンガ・アニメ・ゲームのゲンバ〜
「追悼・今敏」
BS2 10月3日(日)午後11:50〜午前0:35

アニメ映画劇場「パプリカ」
BS2 10月5日(火) 午前0:45〜2:16(4日深夜)
【原作】筒井康隆
【監督】今 敏
【脚本】水上清資・今 敏
【キャラデザイン】安藤雅司
【声】林原めぐみ (パプリカ/千葉敦子)、古谷徹 (時田浩作)、
江守徹(乾 精次郎)、堀勝之祐(島寅太朗)
(2006年)

まだ、46歳でした。
もっと作品が見たかった。

残念です。



ほなな
posted by たにぃも at 22:25| Comment(0) | TrackBack(0) | TV・ドラマ・アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月03日(日)【寄席】

上野・鈴本演芸場
10月上席・夜の部(17時20分〜21時00分予定)
座席;に列18番(当日売り自由席)

前座:林家はな平「牛ほめ」


柳亭 こみち
「一目上がり」

鏡仙三郎社中
(太神楽曲芸)

柳家三之助
「堀の内」

橘家文左衛門
「寄合い酒」

大瀬ゆめじ・うたじ(代演)
(漫才)
「このうな重、ようしょくかい?」「和食です」

柳家禽太夫
「ちりとてちん」

柳家はん治(代演)
「背なで老いてる唐獅子牡丹」

〜 仲入り 〜

伊藤夢葉(奇術)

柳家三三
「看板のピン」

柳家小菊(粋曲)


柳家小三治
(マクラ:扇橋銃乱射事件?〜)
「野ざらし」


〜21時05分頃:終了
posted by たにぃも at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 観覧記録≪落語≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

2010年10月04日(月)【落語会】

菊之丞・白酒ふたり会
at湯島天神
ぎやまん寄席番外編(第12回)

会場:湯島天神
開演:18時45分〜
座席:11列13番位(パイプ椅子・自由席)

開口一番:
三遊亭歌る美「堀の内」


桃月庵 白酒
「だくだく」

古今亭 菊之丞
「寝床」

〜仲入り〜


古今亭 菊之丞
「湯屋番」


桃月庵 白酒
「火焔太鼓」


〜21時04分:終了
posted by たにぃも at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 観覧記録≪落語≫ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

志の輔らくご@赤坂ACTシアター

志の輔さんは、
7月のルテアトル銀座「ビ・ギン・ザ・ビギン」以来ですね。
そして、久しぶりの2階席。

4日連続の最終日。

「志の輔らくご」へ行くと、
のぼりがいっぱいあって、にぎやかな雰囲気がいいですね。
そして、お祝いの花も。

高座は、低めの板の間(と言っていいのか?)に座布団一つ。
いわゆる、金屏風に赤い毛氈の高座ではありません。
音楽も違います。
これも、志の輔らくごですね。


演目は
「バールのようなもの」
「高瀬舟」(森鴎外:作 小説「高瀬舟」読みきり)
「徂徠豆腐」

とても身近な、話題からいつの間にか落語へ。
新作のなかでも
「バールのようなもの」に出会う率が高くて、他のも聴きたいなぁ、と思いつつ
とても笑わせてもらいました。

お囃子が聞こえてきて、上手から、お姉さん型がスライドしてくる。
唄、三味線、笛、太鼓、鼓。
よくわからないが京都の関係のもののよう。
そして、下手へ滑るように入って行きました。

「高瀬船」
こんなのもあるぞ! っと。

端の席なので、人の出入りもあるので、席を立ってうろちょろ。
思わず「午前様らいぶ 一」(三軒長屋)を買ってしまった!

腸カメラの体験。
人のために働く、看護婦さん、そして消防士さん。
世のため人のためにと思い、働くひとは偉いなぁ…
そんな、マクラから「徂徠豆腐」

私は、2度目か3度目くらい。
他で聴くことが無い噺ですね。いい噺です。
美味しい豆腐が食べたくなります。


ま、私的には驚きの新鮮さは無いのですが、
落ち着いた、いい落語会でした。


ほなな
posted by たにぃも at 20:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

10月上席・夜の部@【前編】仲入り前

10日間のうち私の行ける日と、
小三治さんの休演の日を照らしあわすと、
この日しかなかった。

10月3日日曜日。

それでも、いろいろ忙しくて、
上野の鈴本演芸場へ着いたのは、4時過ぎ。

当然ながら、すでに行列。
列は、JTBの前、横断歩道のところまできていた。
(言ったことない方には分からないでしょうが、何メートルとか、何人くらいとか、そんなのは分からないので、Googleのストリートビューでも見てください。)

5時あたりには、動き始め、
「東京かわら版」を見せ、2600円払って入る。

真ん中あたりの入り口から入りると、
ざっくりと、半分くらい。
あまり真ん中だと、前の人の頭が邪魔になり見づらい寄席なので
サイドブロックの空席を探す。
に列18番(4列目、右端から四つ目)に座る。
右側の二つはしばらく空いていた。


さて、開演時間前、
前座の林家はな平さん「牛ほめ」
まあ、ね。

柳亭こみちさん、会場から声がかかる。
軽くマクラ、定番マクラを聞いて「『牛ほめ』の後に『子ほめ』?」
と思ったけど、勘違い「一目上がり」

続いて、鏡仙三郎社中。
日曜日のお客さんは、こういうので盛り上がる。

柳家三之助さん。
真打昇進披露以来かな?
「堀の内」三之助さんでは初めて。
たたみかける粗忽者の行動に、笑いが漏れます。

橘家文左衛門アニキ。
「寄合い酒」。乾物屋がなんだかんだと被害にあう。
最後の与太郎が登場。
「牛ほめ」のセリフを口走り、前座さんからの流れで笑いを取る。
拾った“味噌”? 確認でじっくり笑わせてもらった。

漫才の大瀬ゆめじ・うたじさん、代演。
「このうな重、ようしょくかい?」「和食です」
お馴染みのお笑いで。

柳家禽太夫さん「ちりとてちん」
無愛想で知ったかぶりの竹が来て、うなぎを振舞うと
「こりゃ養殖だ」が、やけにウケる。
普通でもあるセリフだけど、前の漫才からの流れで、狙ったわけでもないと思うけど。

柳家はん治さん(入船亭扇辰さんの代演)。
年取った親分が話し出す。
と、場内から笑いと、ザワつきが。
多くの人が「背なで老いてる唐獅子牡丹」が始まった、
と気づいて喜んでいる雰囲気に感じた。

仲入り〜 後半へ続く。


ほなな
posted by たにぃも at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 落語もろもろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

小三治一門会?@上野・鈴本

この日は、扇辰さんの代演ではん治さんだったので
小三治一門率が高くなりました。

柳亭こみち さん
2006年11月、二ツ目昇進。
燕路さんの弟子。
小三治の孫弟子になります。

柳家三之助 さん
今年3月、真打昇進したばかり。
この芝居で、師匠の代演も務めました。

柳家禽太夫 さん
2009年9月、真打昇進。

柳家はん治 さん
1993年9月、真打昇進。
今回のもそうですが、桂三枝さん作の創作落語「鯛」も持ちネタ。
中入り後に、柳家三三 さん
2006年3月真打昇進。
真打昇進披露の模様が、ドキュメンタリー映画「小三治」に収められています。
しかし、小三治一門会って、一度もいけていないのです。

仲入り、後

伊藤夢葉さん、奇術。
趣味は、鞭を鳴らすこと。

柳家三三さんの「看板のピン」。
何だか、若い衆より、隠居さんの方が似合っている。

柳家小菊(粋曲)
都々逸とか聴いて、わかる大人になりたいねぇ。

二上がり鞨鼓
出囃子が鳴ってもなかなか出てこない。
ま、よくあることですけど、

ちょっと、長め・・・

何か、おかしな気候ですね。
さっきまで、寒いくらいだったんですが
袖に立ったら、汗が出てきて暑い。
扇子をあおぎながら、
えーー。何を話しましょうか?

とか言いながらも、話し出すのがいつもなのですが
いつも以上に、出てこない感じ。

続きは、次回!


ほなな
posted by たにぃも at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 小三治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする